この星の格闘技を追いかける

【UFC234】計量終了 アンデウソンが涙を見せ、アデサニャは「あの男のファンなんだ」ともらい泣き

9日(土・現地時間)、明日10日(日・現地時間)に豪州メルボルンのロッドラバー・アリーナで開催されるUFC234「Whittaker vs Gastelum」の公開計量が行われた。


メインでUFC世界ミドル級王座防衛戦に臨むロバート・ウィティカーにこの日一番の声援が起こり、挑戦者のケルヴィン・ガステラムに軽くブーイングも聞かれた。フェイスオフ後、ガステラムは「ボブのことは尊敬する以外、何もない。でも明日の夜はやりあうよ」とコメントし、チャンピオンは「魂から全てを賭けて戦う」と話した。

イスラエル・アデサニャと対戦するアンデウソン・シウバは、珍しくセミ出場のファイターに設けられたインタビューの機会で、大きく息をつくと何と涙を浮かべる。なかなか言葉が出ないアンデウソンはファンの声援に後押しされ、涙を拭うと「皆、ありがとう。人生をこのスポーツに捧げてきた。ベストを尽くしてきた。この機会をもう一度与えてもらって、神に感謝している。皆のために良い試合をしたい。ありがとう、オーストラリア。ありがとう、ダナ。みんな、ありがとう」という言葉を吐いた。

アンデウソンの言葉を受けてアデサニャも目に涙をため、「彼に泣かされそうになったよ……ファッ〇・ヒム。(笑)。メルボルン、どうたい? この大会は世界中が見ている……本当にアンデウソンに泣かされそうになって……、来てくれた皆に感謝している」と話すと、頭を振り何かを吹っ切るような素振を見せる。そして「ファ〇ク。俺はあの男のファンなんだ。ファンだからこそ、彼は俺の拳、エルボー、足、ヒザの痛みを知ることになる。ケージで全てを出す。アンデウソンには良い道を進んでもらう。レッツゴー!!」と一気に言い切ると、そのままステージを後にした。

石原夜叉坊はセコンドの川原波輝と一礼しあって体重計に。136ポンドのコールに大きくガッツポーズを見せ、カン・ギョンホとフェイスオフへ。額が当たるような距離で互いに笑みを浮かべていた。

■ UFC234計量結果

<UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R>
[王者]ロバート・ウィティカー: 185ポンド(83.91キロ)
[挑戦者]ケルヴィン・ガステラム: 184ポンド(83.46キロ)

<ミドル級/5分3R>
アンデウソン・シウバ: 186ポンド(84.37キロ)
イスラエル・アデサニャ: 185ポンド(83.91キロ)

<バンタム級/5分3R>
ハニ・ヤヒーラ: 135ポンド(61.24キロ)
リッキー・シモン: 135ポンド(61.24キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ナディア・カッセム: 124ポンド(56.25キロ)
モンタナ・デラロサ: 125ポンド(56.7キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジム・クルート: 206ポンド(93.44キロ)
サム・アルヴィー: 205ポンド(92.99キロ)

<ライト級/5分3R>
マ・ドンヒョン: 156ポンド(70.76キロ)
デヴォンテ・スミス: 155.6ポンド(70.57キロ)

<フェザー級/5分3R>
オースチン・アーネット: 145ポンド(65.77キロ)
ショーン・ヤング: 145ポンド(65.77キロ)

<フライ級/5分3R>
カイ・カラフランス: 125ポンド(56.7キロ)
ハウリアン・パイヴァ: 125ポンド(56.7キロ)

<バンタム級/5分3R>
石原夜叉坊: 136ポンド(61.69キロ)
カン・ギョンホ: 136ポンド(61.69キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ランド・バンナータ: 156ポンド(70.76キロ)
マルコ・ホサ: 155ポンド(70.31キロ)

<ライト級/5分3R>
ジェイリン・ターナー: 155ポンド(70.31キロ)
カラン・ポッター: 156ポンド(70.76キロ)

<バンタム級/5分3R>
ウリジブレン: 136ポンド(61.69キロ)
ジョナサン・マルチネス: 136ポンド(61.69キロ)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday