この星の格闘技を追いかける

【ONE85】スクランブル発進の猿田、元王者にテイクダウンを許さず&がぶりのヒザなどで3‐0の判定勝ち!!

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
猿田洋祐(日本)
Def.3-0
アレックス・シウバ(ブラジル)

猿田の左ローとシウバの右ローが交錯する。右オーバーフックを振りながら組んできたシウバに対し、猿田が逆にケージに押し込む。離れた猿田は右ロー、ダブルレッグをシウバが離れ返し左ミドル、ワンツーで前に出る。距離を取った猿田は右ローの蹴り合いから、右オーバーハンドへ。シウバはブロックしシングルレッグへ、一度手をマットにつけた猿田はすぐに立ち上がる。ハイクロッチでケージに猿田を押し込んだシウバが、右腕を差し上げる。

腰に乗せて投げ切った猿田がガードを取るシウバにパンチを入れ、ヒザを狙う。シウバが左を差して立ち上がると、KLのファンから歓声が起こる。左腕を差しヒザをボディに入れる猿田、シウバもヒザを返す。猿田は右フックを振るいつつ離れると、右ローを当てて離れる。シウバはサウスポーに構え左ハイ、そのままサウスポーで構えたシウバに組みついた猿田が、スピーディーにテイクダウンを狙う。シウバが耐えたところでパンチを連打した猿田に対し、シウバがシングルに出たところでタイムアップに。互角の攻防だが、疲れたのはシウバと見た。

2R、オーソに戻したシウバにワンツーを繰り出す猿田。シウバもパンチを返すと、猿田はテイクダウンを狙う。切ったシウバの左の飛び蹴りが猿田のボディを捉えるが、レフェリーが急所と見誤りブレイクが入る。再開後、右ミドル、ローを見せた猿田にシウバが思い切りフックを振るう。サウスポーで構えたシウバは猿田の右にダブルレッグを合わせてケージへ。バックを伺いつつ、足を払って一度尻餅をつかせる。

すぐに立ち上がった猿田はウィザードから内股を狙い、シウバが耐える。ボディロックからバックに回ったシウバに細かいパンチを繰り出したシウバは、再び小手を決めて投げを打つ。シウバはここも耐えてシングルレッグを仕掛け、バックを狙ったところでワキをすくった猿田が上を取ってパンチを打ちつける。立ち上がり際にヒザを入れた猿田は、ボディの後でバランスを崩し、すぐに立ち上がる。

組んでケージに押し込むシウバのシングルを耐えた猿田が、右ハイを繰り出す。蹴りに反応するようになったシウバは、右に合わせてまたもシングルを狙う。ケージを背に切った猿田は離れて、ダブルレッグへ。シウバもこれを切ると、ハイからシングル。がぶった猿田がヒザを突き刺し、離れたところでシウバの右オーバーハンドが空振りに。ここで2Rが終了し、接戦のなかでもがぶってのヒザ、パウンドで猿田が試合をリードした。

最終回、猿田は左ローを蹴り、アッパーから左右のフックを振るっていく。シウバは右アッパー&ダブルレッグを切られ、フックの打ち合いに。打ち負けなかった猿田は右を見せて、ダブルレッグでクリーンテイクダウンを奪う。シウバは巴腕十字へ。腕を抜いた猿田は、足関節も体を捩じってエスケープしトップをキープする。

ハーフで左腕を差したシウバはバタフライガード、足を掴んだ猿田は立たせない。ガードに落ち着いたシウバに対し、猿田は立たせないよう抑えて鉄槌、左フックを繰り出す。残り2分で立ち上がったシウバが左フックを当てる。オーバーハンドで前に出るシウバに対し、猿田は右アッパーを合わせようとするがケージに押し込まれる。

ここでシウバは引き込みながら足関節へ。猿田は足を抜いて、トップに収まる。ガードからエルボーを繰り出すシウバだが、これは力がない。猿田のバックコントロールに対し、前転から足関節をシウバが狙う。すかした猿田が鉄槌へ。立ち上がったシウバに、もう一度テイクダウンを決めた猿田のパスに合わせて、シウバは逆転を賭けて腕十字へ。防御した猿田はタイムアップとともにやり切ったとばかりに大の字に。

結果、3-0の判定勝ちで猿田がスクランブル発進のONEデビュー戦で元世界王者を破った。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday