この星の格闘技を追いかける

【TUF27】まるで今後へのデモンストレーション、全局面で完成度の高さを見せたカトーナがフェザー級優勝

<TUF27フェザー級決勝/5分3R>
ブラッド・カトーナ(カナダ)
Def.3-0:30-26.30-26.30-26
ジェイ・クッチニェッロ(英国)

サウスポーのクッチニェッロ、カトーナがニータップを仕掛ける。切ったクッチニェッロに対し、カトーナが右ミドルを決める。クッチニェッロはオーソに構えると、カトーナが左ボディフックを入れる。首相撲からヒザを狙ったクッチニェッロがサウスポーに戻すと、すかさずカトーナは右ミドルを蹴り込む。続いて右ボディフックと腹を狙うカトーナは、左フックに続き、右ローを軽快に攻める。

左ミドルを蹴ったクッチニェッロに、トカーナが右ストレートをヒットする。オーソに構えてもミドルとボディフックを打たれるクッチニェッロが、そこを意識すると顔面に右エルボーを被弾した。さらに左フックでダウンを喫したクッチニェッロは、ボディから顔面と攻撃を受けラウンドを明確に落とした。

2R、ダブルレッグを見せたカトーナ。これは決まらなかったが、ここから初回と同じようにローを散らし、左フックで2度目のダウンを奪う。殴られてもミドルレンジで戦うクッチニェッロは、ダブルレッグでテイクダウンを許す。足を一本抜いたカトーナは、足を戻されても、絶妙なポスチャーで左のパンチを打ちつける。

カトーネは左足を抜いてエルボーを落とし、クッチニェッロはフルガードに戻しても、すぐに右足を抜かれ枕で抑えられる。立ちでも優勢のカトーナは、寝技もできることを示すような2Rだった。

最終回も開始直後にダブルレッグを見せたカトーナが、左右にステップを踏み前に出てくるクッチニェッロに左を当てる。と、シングルからケージにクッチニェッロを詰め、じっくりと時間を掛けてテイクダウンを狙う。ダブルレッグで大きく持ち上げて、テイクダウンに成功した時には残り時間は3分になっていた。

カトーナはここでもハーフで抑え、クッチニェッロが動くとパンチを打ち込む。潜り狙いにはヒジで対応し、蹴り上げからのスクランブルでバックを制したカトーナは、バックマウントを奪い左右のパンチを打ちつける。クッチニェッロは背中を丸めるのが精いっぱい。背中を伸ばしたカトーナがワンフックで殴りながらタイムアップを迎えた。

スタンド、テイクダウン、グラウンドと全ての局面に置いて完成度の高い戦いを披露したカトーナが、TUFシーズン27フェザー級ウィナーに輝き「14歳の時から、この旅が始まったんだ。手堅く戦ったのも、作戦だよ」と語った。

まるで今後へのデモンストレーションのような戦いを見せたカトーネが、この完成度の高さをどのUFCでもレベルまで続けることができるのか、非常に楽しみだ。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY