この星の格闘技を追いかける

【UFC224】攻め続けたジャカレだが、スタミナで上回ったガステラムにスプリット判定で敗れる

<ミドル級/5分3R>
ケルヴィン・ガステラム(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ホナウド・ジャカレ(ブラジル)

サウスポーのガステラムに右ローを蹴ったジャカレが、飛び込むようにテイクダウンを狙う。このままクリンチの攻防となりジャカレは払い腰を狙う素振りも見せる。ケージにガステラムを押し込み、ヒザ、ボディを打つジャカレがダブルからシングル、足を払ってテイクダウンを狙う。足を取られたまま左右のフックを入れるガステラムに対し、ジャカレは後方に倒れながら足関節を仕掛け、そのまま起き上がってスイープに成功する。

パスを決めたジャカレは、足を滑らせるようにマウントを取る。ヒップエスケープから足を一本戻したガステラムだが、ジャカレは苦も無くマウントを奪い返して、左のパンチを落とす。巧みなマウントキープを見せるジャカレは右エルボー、さらに左のエルボーを打ちつけ背中を向けたガステラムの右腕に腕十字を仕掛ける。

腹這いから、上を向き直し十字のクラッチはそのままジャカレは下からパンチを打ち込み、腹をつき出して腕を伸ばしにかかるが、ガステラムはヒジを抜いて防ぎきった。

2R、右ミドルからシングルを狙ったジャカレは、これを切られても右を当ててダブルレッグを仕掛ける。ガステラムはスプロールし、動きがバタついて来たジャカレに左を伸ばす。ジャカレはスタミナが切れたか、じりじりと下がる。それでも右オーバーハンド、右ミドルを当てたジャカレだが、ガステラムは落ち着いて対処し、ダブルレッグを徹底的に切る。

この動きを読み、テイクダウンの仕掛けからパンチを纏めたジャカレだが、息が荒くなっていることは間違いない。体が振られるようになったジャカレは、右から左のワンツーを被弾してダウン。パウンドを纏めたガステラムは、休ませないようスタンドを選択する。ジャカレは蹴りやパンチを繰り出すも、体が起きてしまい動きが落ちる。ガステラムは前に出て右ジャブから左ストレート、回るジャカレは前に出て左フックを打ち込む。

続いて左、右をヒットさせたジャカレは、離れるガステラムに右を当て、右ボディフック、左右のフックを打ち込む。ガステラムも左フックを返したところで、タイムアップに。ジャカレはその場にしゃがみ込んでしまった。

初回を取り、2Rも後半を盛り返したことでさらにスタミナに不安が残るジャカレ。ハグから始まった最終回、ジャカレが右をヒットさせる。テイクダウンのフェイクから前蹴りを狙ったジャカレは、前に出て右を打ち込む。左に右を打たれたガステラムは、テイクダウンこそ切るがパンチを受けるシーンも多くなっている。

視線を下げて右を打ち込むジャカレ、テイクダウンを警戒することでガステラムはパンチを被弾しているのか。右ハイをガードの上から蹴ったジャカレは、飛び込んでシングルレグからテイクダウンを奪うが、ガステラムがすぐに立ち上がる。

残り2分を切り、ガステラムの手数がジャカレを上回るようになりワンツーをヒットする。間合いを外したジャカレは、右ミドル。ガステラムは右ジャブをあて、組みながら左フックを打ち込む。ジャカレは左に回りながら前に出るや右フックを打ちこみ、そのままシングルへ。ケージに押しこまれたガステラムはついに尻餅をつくが、すぐに立ち上がって左フックをジャカレの顔面に入れ、タイムアップを迎えた。

初回はジャカレ、2Rはダウンを取ったガステラム、最終回は疲れながら序盤は打撃とテイクダウンでリードしたジャカレと後半に盛り返したガステラムのどちらをジャッジは評価するか。裁定は分かれ、ガステラムに凱歌が上がるとリオのファンは納得せず、非難の声を挙げた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY