この星の格闘技を追いかける

【UFC221】僅差の積み重ねで支配され、廣田もピアソンに判定負け。日本勢は豪州で3戦3敗に……

<ライト級/5分3R>
ロス・ピアソン(英国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
廣田瑞人(日本)

まず左を見せた廣田、ピアソンもすぐに左を返す。距離間が似通っている両者、踏み込んでピアソンの左フックを廣田がかわす。左ジャブを伸ばした直後に左ジャブを打たれた廣田は、右で前に出る。そこに怯まず右を返すピアソンは、やはり打ち合いに慣れている。パンチの当たる距離のやや外の距離で、互いにローを入れる。相手のパンチのみに反応するような展開だが、廣田のスリッピングアウェイにピアソンのパンチが届く場面も。

ピアソンの前進に右を合わせ、右を振るいながらテイクダウンを狙った廣田。反応したピアソンだが、これを餌とできるか。最後に跳びヒザを見せたピアソンのパンチの精度が廣田を上回ったラウンドとなった。

2R、廣田の右ローの直後に左フックを当てるピアソン。廣田はならばとローに右を合わせる。ボディ、ローから左ジャブを繰り出す廣田の攻撃の精度が増す。ピアソンも見事なヘッドムーブから左を伸ばす。さらに右を入れたピアソンが、続いて左フックを当てる。左ジャブを返した廣田が右を入れる。直後に右を返したピアソンが、主導権を握っているか。

緻密な組み立ての打撃戦、互いに左フックを当てる。右ハイを空振りし、間合いを取り直した廣田にピアソンの左ジャブが当たる。さらに左リードフックをヒットさせたピアソンが、続き左フックを当てる、左フックで前に出て、右から左を振るう廣田は、引き続き粗めの左フックを振り、ついに左フックから右ストレートをクリーンヒットさせピアソンの腰が落ちてラウンド終了となった。

最終回、ロー、左ジャブを入れた廣田はピアソンのローをカットする。目に出てワンツー、ローを繰り出すピアソンに対し、廣田が勢いのある右を見せる。左ジャブを顔とボディに散らすピアソン。廣田は牽制以上の展開に持ち込みたい。残り2分、廣田の右ボディストレートに、ピアソンがアッパーを返す。

左ジャブ、左フックを入れたピアソン。廣田も左ジャブを打つが、次が欲しい。左から右を当てた廣田は、右ローを蹴り左右にステップを踏んでから前へ。頭を振って防御し、蹴りで廣田を突き放したピアソンが、最後に飛びヒザという大きな動きを見せて試合を締めた。

2R終盤にチャンスを掴んだ廣田だが、ジェネラルシップを握っていたピアソンに良質の打撃戦で3‐0の判定負けを喫し、日本勢は豪州で3連敗と厳しい現実を再び見せつけられた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY