この星の格闘技を追いかける

【2017~2018】岡見勇信─03─「ここで実力を出すことができなかったら、もうそういう時期」

Yushin Okami【写真】若さという無垢なエナジーではない、落ち着き払い達観した時の力とはどういうものなのか岡見に見せて欲しい (C) MMAPLANET

9人のファイター達が語る2017年と2018年、岡見勇信の足跡と一里塚─最終回。

奇跡のようなUFC復帰が成った2017年の岡見が、2018年にどのような戦いを求めているのか。岡見は「次の試合が終わるまで、それからのことは考えられない」は言う。

UFCには戻った、あとはUFCに与えられる試合で自分を出すのみ。UFCで戦う機会がある限り、戦い続ける──それが岡見勇信の天命だ。

<岡見勇信インタビューPart.01はコチラから>
<岡見勇信インタビューPart.02はコチラから>


──日本大会後にUFCウェルター級で戦っていくなかで10勝1敗で連続KO勝ちしていたマイク・ペリーなど戦ってみたいと言っていましたが、そのペリーもサンチアゴ・ボンジニビョに敗れるなど、本当に強い選手が多いです。

「凄い世の中のです。中国市場や韓国市場が活性化して、そういうアジアで台頭してきた選手と戦うのでも構わないですし」

──リー・ジンリャンなどですか。

「そうですね。それを望まれるのであれば。僕はキャリアがあるので、UFCで1戦か2戦しか戦っていない選手と試合をしても、UFC的にも迷惑なファイトになるかもしれないし。なので活きの良い若い選手が、僕を踏み台にするようなマッチメイクになってくると思うんです。

そこで僕がどう戦うか、なので。与えられた相手とやるだけですね」

──端的にいって観客受けする試合が、以前より増えてきているオクタゴンです。そこで岡見選手はどのような戦いを心掛けようと思っているのでしょうか。

「見せることは考えていないです。毎日の練習で自分の長所でどう勝負するのかっていうのを考えてやっています。例えば僕のストロングポインチが殴り合うことだったら殴ります。でも、そこでは決してないですし。

自分の長所を考えた時、勝つためにそうしようと思った時の試合があのPFLのアンドレ・ロバト戦になったので。相手が違いますから、あんな風に自分の思い通りに戦うことができるとは限らない。

でも、僕は自分のストロングポイントを最大に生かして、悔いが残らない試合をしたいと考えています。ファンが盛り上がってくれると、僕も嬉しいです。ただ、そのための試合はしません。

前にUFCで戦っていた時やWSOFの時はそういった気持ちが凄くありました。魅了したい、でも上手くいかない。それが自分の現実です。なので、そこの部分はなくなりました」

──岡見選手の話を伺っていると、完全に総決算に入ってきていますね。

「まぁ、もう一つ一つです。とにかく、今は次の試合を戦ってみないとそれから先のことは考えられないです。自分の能力が落ちたとは別に思わないですけど、色々な経験をしてきて、色々なことが分かってきました。

ここで自分の実力を出すことができなかったら、もうそういう時期なのかということですし」

──岡見選手が納得できない内容であっても、UFCが次の試合を用意してくれた場合はどうなりますか。

「もちろん、戦います。それが天命ですから」

──逞しいですね。色々なことを乗り越え、全ては自分に責があると思える人の考え方です。

「天命を全うします。そのために明日、人間ドッグに行ってきます(笑)」

──ハハハ。話術慧舟會出身かと思うような、軽快なトークもできるようになったと(笑)。天命を全うする岡見選手、2018年に関しては一応、どのようなプランを立てていますか。

「春前ぐらいに試合ができればベストだと思っています。ただ、ここも余り焦ってもしょうがないので。UFCがこの選手と戦って欲しいと言ってきた相手と、UFCが望む時期に戦う。そうしていくだけです。それしかないです。

ただ、もう前回のような急なオファー、そして階級の違うファイトは受けないと思います(苦笑)」

──急遽のウェルター級戦も?

「そこは安西(信昌)君が頑張ってくれるので、もう若い安西君に任せます」

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY