この星の格闘技を追いかける

【UFN121】この試合では前に出るモハメッドが、スプリットでミーンズに勝利となった

<ウェルター級/5分3R>
ベラル・モハメッド(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ティム・ミーンズ(米国)

鋭いワンツーを伸ばすミーンズが、リーチの長さを利した攻撃を見せる。モハメッドも右を返し、右ローを蹴っていく。踏み込んでフックを振るうモハメッドも果敢にジャブを繰り出す。ミーンズが左ストレートを入れ、続いてボディをえぐっていく。モハメッドは左を当てて打撃戦を続けるも、右ジャブや前蹴りで前進を止められる。打たれも前に出るモハメッドだが、自らのパンチは届かない距離で常にミーンズの攻撃に神経を使う必要がある。

それでも果敢に接近してパンチを振るっていくモハマッドは、シングルを切られてクリンチでエルボーを打たれる。離れて飛び上がるようにワンツーを見せたモハメッド、最後はスピニングバックフィストを狙ったが、ミーンズを焦らせるまでは至らなかった。

2R、左から右を放つミーンズ。初回より手数を増やすか。そこにワンツーを入れたモハメッドだが、直後に左を被弾する。と、一気シングルレッグを仕掛けギロチンを防いだモハメッドがトップを奪取する。しかし、寝技に拘らず立ち上がり、左を受けてしまう。さらに踏み込んだ際にミーンズの左で押されたように尻餅をついたモハメッドは、残り45秒でダブルレッグを仕掛けるも切られる。テイクダウン後はコントロールに拘るべきだったように思われるモハメッドだ。

最終回、ミーンズ右ハイを見せる。致命傷を食うことも、決定打を放つこともない展開のなか、突き放すミーンズに対しモハメッドが踏み込むという展開が続く。と、ミーンズのアイポークで試合が中断も、すぐに再開される。ミーンズもシングルを仕掛けたが、モハメッドが切る。ミーンズが非有りを当て、右ジャブに続けると、モハメドも左フックを返していく。モハメッドは左ハイから組んでいく。抜群のタイミングでの仕掛けも、ミーンズがスプロール。

ミーンズは後ろ回し蹴りを軸足を変えて2段階で放つも、モハマッドが右を当てる。さらに左エルボーを入れたモハメッド、ここで試合はタイムアップに。前進力と突き放す力、この日はアライアス・セオドロが後者の戦い方でダニエル・ケリーを下しているが、この試合は突進力のモハメッドに凱歌があがった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY