この星の格闘技を追いかける

【GRNADSLAM06】試合結果 ノリ、劇勝。柏崎、完勝。濱岸、逆転勝ち。盛一郎、快勝。チュージ、惜敗

Grandslam06【写真】TTFCやGrandslamのような単発イベントは、下位カードでもより心に残る印象がある(C)MATSUNAO KOKUBO/GRANDSLAM

29日(日)に東京都新宿区のGENスポーツパレスでGRNADSLAM06が開催され、メインでUFCをリリースされてから8カ月振りの実戦となった田中路教が強豪ホジェリオ・ボントリンを削り続け、最後はRNCで一本勝ちした。

Nori次元が違う。そんな戦いを田中が見せた。初回にボントリンの蹴り足をキャッチしてテイクダウンを決めるとギロチンと腕十字を防ぎ、さらにスクランブルに持ち込ませなかった。2Rからは抑えられると、気持ちも削られていったボントリンを3RにRNCで仕留めた田中は、涙で再びUFCを目指すことを誓った。

KashiwazakiセミのZSTとGachanのバンタム級王者対決は柏崎剛が、堀友彦をスクランブル&パウンドで圧倒し、最後は肩固めを腹ばいで逃れようとした堀が失神し、柏崎に凱歌があがった。

また3年振りのMMA復帰戦となった天才・加藤忠治は能登崇に判定負けを喫している。


GRNADSLAM06
<バンタム級/5分3R>
○田中路教(日本)3R2分27秒
RNC
詳細はコチラ
×ホジェリオ・ボントリン(ブラジル)
<バンタム級/5分3R>
○柏崎剛(日本)2R2分33秒
肩固め
詳細はコチラ
×堀友彦(日本)
<ウェルター級/5分3R>
○濱岸正幸(日本)2R2分15秒
RNC
詳細はコチラ
×レッツ豪太(日本)
<グラップリング・ライト級/3分2R>
○伊藤盛一郎(日本)ポイント
7-1
詳細はコチラ
×所英男(日本)
<ライト級/5分3R>
○能登崇(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×加藤忠治(日本)
<女子ストロー級/5分2R>
○KAI(日本)2R
判定
×ジェット・イズミ(日本)
<フェザー級/5分2R>
○滝田J太郎(日本)
2R4分33秒
RNC
×SHIN(日本)
<ストロー級/5分2R>
○三谷敏生(日本)1R3分21秒
RNC
×小川竜輔(日本)
<ウェルター級/5分2R>
○伊藤夏海(日本)2R
判定
×悠輝平(日本)
<73キロ契約/5分2R>
○鈴木一史(日本)2R
判定
×モリシマン(日本)
<フェザー級/5分2R>
○山内雄輔(日本)2R
判定
×本田壮一(日本)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie