この星の格闘技を追いかける

【GRANDSLAM06】加藤忠治、動けず。能登がローを入れ続け、判定勝ち

Noto vs Chuji【写真】能登のローを受ける加藤。テイクダウンしてからが、特に動けなかった(C)MMAPLANET

<ライト級/5分3R>
能登崇(日本)
Def.2-0:29-27.29-27.28-28
加藤忠治(日本)

ローを蹴っていく能登に対し、タイミグを測るロングスパッツの加藤はやや近い距離でローを蹴られる。右を当ててテイクダウンの素振りを見せる加藤、ローを蹴られ右ミドルを蹴っていく。右ストレートを2発伸ばした加藤に、能登の左ストレートがヒットする。加藤は汗が光ってくると、左ローを受ける。シングルを切った能登はロー、右ジャブを入れる。終盤にスピニングバックフィストを見せるなど能登がやや優位と保ち、初回が終わった。

2R、引き続き右ジャブ、左ローを入れる能登に対し、加藤は右腕を差してテイクダウを奪う。ハーフからアームロックを狙った加藤だが、能登はブリッジから立ち上がる。口が半開きになった加藤がダブルレッグでテイクダウンに成功する。腰をコントロールして抑え、足を一本抜いた加藤、能登がクローズドガードに戻し、背中を取られないように立ち上がる。右ローを蹴った能登、加藤は右前蹴りを見せる。テイクダウン2つも、そこから思ったように攻めることができなかった加藤だった。

最終回、ローを入れる能登が左を見せる。右ヒザからフックを放った加藤に能登はロー、ダブルレッグを切って左を当てる。能登は右ローを続け、左ハイ。対して加藤は右前蹴りを繰り出し、右ストレートをヒットされる。ローを返す能登。残り2分になり加藤が左を当て、バランスを崩した能登をケージに押し込みテイクダウンを奪う。

アンクルを掴んで立たせない加藤に対し、能登がパンチを耳の辺りに落とす。ボディロックの加藤、能登が立ち上がると小外掛けへ。ここで能登がケージを掴みイエローカードが提示される。インターバルの間、座り込む加藤は試合再開と同時にタイムアップとなり、マットに大の字、さらに腹ばいに寝転がった。

結果、2-0で能登が判定勝ちし、未完の大器は未完のままケージを後にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie