この星の格闘技を追いかける

【Bellator184】レアンドロ・イーゴがタイマングロを破り、ベラトール初勝利

<バンタム級/5分3R>
レアンドロ・イーゴ(ブラジル)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ジョー・タイマングロ(グアム)

ケージ際でポジションを入れ替えながら、クリンチ合戦が続く序盤。イーゴが左フックを打ちながら離れる。左から右を伸ばしたイーゴに対し、タイマングロも右を打ち込んで組みつくとテイクダウンで尻餅をつかせる。イーゴはすぐに立ち上がり距離をとりなおすと、飛び込んできたタイマングロに右をヒットさせ、直後にテイクダウンに成功する。足を一本抜いたイーゴは、エルボーを打っていく。タイマングロは左腕を差して、スタンドへ。直後に初回終了となった。

2R、タイマングロの右に組んでいったイーゴは、クリンチを突き放して飛びヒザを狙う。ややたじろいだタイマングロにイーゴは左ミドル。右フックの振り終わりでスイッチするタイマングロだが、特に攻撃できずオーソに戻すとケージを蹴ってスーパーマンパンチを見せる。しかし、直後に右を当てられ、左ジャブで前進を止められるなど試合はイーゴのペースに。

ワンツーを入れて押し込んだイーゴは間合いを取り直すと、切れのある右ローを連続で蹴っていく。そのローに右を合わせ、ニータップを狙ったタイマングロだが右を2発被弾し、テイクダウンも取られる。イーゴはハーフで左のパウンドを落とすも、タイマングロはアンダーフックから立ち上がる。パンチを入れてテイクダウンを狙ったタイマングロだが、これを切ったイーゴがまたも右ストレートを入れたラウンドを取った。

最終回、ショートのワンツーで前に出るタイマングロ。サークリングでかわしたイーゴは右アッパーも空振りに。左腕で喉を巻き込むようにテイクダウンを狙ったタイマングロ。これは目的を果たせず、その後の攻防で右フックを被弾する。タイマングロは右を返すも、右ストレートをスウェイでかわし切れない。イーゴは引き続き右を入れ、ローを蹴っていく。下がりながらの打撃だが、精度はイーゴ。タイマングロは前に出て右でつって、テイクダウンを狙う。スプロールしたイーゴの右ローが急所に当たり、試合が中断する。

再開後、サークリングで打撃をかわすイーゴに組みついたタイマングロがスタンドながらバックへ。イーゴが胸を合わせたところで、パンチが交錯する。ここでタイマングロがダブルレッグを仕掛けるとイーゴがギロチンで捉えてガードへ。かなりタイトに入ったように見えたが、タイマングロは笑みを浮かべて時間まで耐えきった。

初回と2Rはイーゴと思われたが、判定は3-0でイーゴに凱歌が上がりベラトール初勝利を挙げるともにバンタム級タイトル戦線で生き残った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie