この星の格闘技を追いかける

【TTF Challenge07】試合結果 川那子祐輔、死闘を勝ち抜き。門脇英基、修行を生き抜く。ライカ逆転勝ち

TTF Challenge07【写真】ライカは逆転一本勝ち、川那子は教祖との壮絶な殴り合いを制し。最後はプロモーター=長南亮氏の41歳の誕生日祝いで大団円──と思いきや、余りにも勢いよくバースデーケーキに叩きつけられた氏はややガチギレの中指立てポーズ。ピラニアのピラニア健在ぶりを見せつけた(C)KAORI SUGAWARA

10月9日(月)、東京都練馬区ココネリ・ホールでTribe Tokyo Fight Challenge 07が開催された。

格闘技、MMA好きだけが集まった心地よい空間で、その気持ちの強さが印象に残る激しい戦いが続き、メインで川那子祐輔が1年4カ月振りの勝利を門脇英基から手にし、ライカは韓国のソ・ジヨンの前にあわやTKO負けというところまで追い込まれたからの逆転。今成正和×世羅智茂の注目のグラップリングマッチは10分間時間切れとなり、またゴールデンルーキー工藤諒司はTKO勝ちデビューを飾っている。


TTF Challenge 07
<フェザー級/5分3R>
○川那子祐輔(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×門脇英基(日本)
<グラップリング70キロ契約/10分1R>
△今成正和(日本)1R
Draw
詳細はコチラ
△世羅智茂(日本)
<女子フライ級/5分2R+Ex>
○ライカ(日本)2R2分37秒
RNC
詳細はコチラ
×ソ・ジヨン(韓国)
<バンタム級/5分2R+Ex>
○上久保周哉(日本)2R
判定
×小蒼卓也(日本)
<バンタム級/5分2R+Ex>
○葛島浩之(日本)2R3分12秒
TKO
×宇宙人(日本)
<フライ級/5分2R+Ex>
○梶川卓(日本)2R3分52秒
TKO
×葛島浩之
<フェザー級/5分2R+Ex>
○工藤諒司(日本)2R0分44秒
TKO
×渡辺謙明(日本)
<フェザー級/5分2R+Ex>
○御代川敏志(日本)1R2分28秒
RNC
×大門達也(日本)
PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie