この星の格闘技を追いかける

【TTF Challenge07】腫れあがった顔面で前に出続けた川那子が、門脇に殴り勝つ

<フェザー級/5分3R>
川那子祐輔(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
門脇英基(日本)

まず左フックを見せた川那子、左ジャブ、左フックを続ける。門脇も右を返し、前進に左を合わせようとする。左ジャブを当てた門脇は左ヒザを放つ。直後にワンツーを入れた川那子が、スピニングバックフィスト。これをかわした門脇は近距離でも組みに行かず、右ストレートを当てる。さらに左ジャブを伸ばす門脇は左ヒザ、ケージを背負いかかると右を伸ばす。

川那子は飛びヒザから距離を詰めてワンツー、右エルボーから左を振っていく。門脇は左リードアッパーを繰り出すなど、打撃戦を続ける。川那子は左ジャブ、続いて左前蹴りを繰り出しプレシャーを強める。門脇も前出でて左ヒザ、ケージに詰められると右に移動する。残り10秒で飛びヒザからラッシュを掛けた川那子。この終盤の詰めがどのように評価されるか。

2R、左フックを避けて左ジャブを当てた門脇が左アッパーからフックで動きを止めた川那子に連打を打ち込む。川那子も左フックを振るって持ち直すと、ジャブを被弾しながら前に出る。右アッパー、そして右オーバーハンドを当てた川那子は、左ジャブを被弾した直後に左フックでダウンを奪う。ガードの中に収まった川那子は、蹴り上げにスタンドに戻る。続いた門脇は左ジャブを連続で当てるが、川那子も左ジャブを返す。ジャブでの牽制から左フックを入れた川那子が、初めて組みに行くがすぐに離れ、またも左フックをヒットさせる。

門脇のシングルレッグを切った川那子は右ロー、門脇は飛び込んで左フックから右フックを当てる。川那子はここで右フックを2発打ち込む。続く左フックに下がった門脇に押し倒すような左フックで攻め込み、倒れたところで後方からパンチを連打し明確に自らのラウンドとした。

最終回開始と同時に、右目の周囲が大きく腫れた川那子にドクターチェックが入る。再開後、門脇の左ジャブをダッキングで防ぐ川那子はアッパーを被弾する。それでも左ジャブ、右オーバーハンドをヒットさせた川那子は踏み込んで足払いを仕掛ける。左ジャブ、ダックしてからの左フックを狙う川那子に門脇も左ジャブを続ける。

川那子は体を振って左ジャブを見せ、一発当たるとショートの追い打ちを放っていく。左を見せて右フックを当てた川那子、門脇の右エルボーは距離が合わず逆にジャブを被弾する。ここで川那子が左から右フックを当て、このコンビネーションを再び決める。見る展開が増えた門脇が左ヒザも、川那子はヒザ蹴りからワンツー、そしてスリーの右オーバーハンドをしっかりと打ち抜く。真っ赤に染めながら、最後まで殴り合った激闘――結果は3-0で川那子に凱歌が挙がった。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie