この星の格闘技を追いかける

【Pancrase288】村田夏南子、最後まで攻め続けフライヤーに判定勝ち

<女子ストロー級/5分3R>
村田夏南子(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
クレア・フライヤー(豪州

低い構えのフライヤーに左を見せた村田が、左ミドルを蹴っていく。続いて左ボディストレートを当てるも、右を被弾。直後に村田はダブルレッグからテイクダウンを決め、スクランブルでは大きくリフトアップしてスラムでトップを奪い切る。ガードの中からパウンドを落とす村田は、噛みつきパスへ。立ち上がったフライヤーに対し、村田はシングルで倒すと担ぎパス、サイドへ。ニーインベリーに起きてきたフライヤー、村田は首投げを決め、はニーインベリー、サイドバックから思い切りパウンドを落とし、初回を圧倒した。

2R、スタンドの間合い争いが続き、村田はテイクダウンのフェイントを交え打撃戦に挑む。ワンツーで前に出てダブルレッグ&大内刈りでテイクダウンした村田は、腕十字もフライヤーの体を跨いで解除。立ち上がったフライヤーに右腕を差した村田に対し、フライヤーはヒザ蹴りを突き上げる。ウィザードで右腕を固められ、ヒザを受けた村田だがラウンド終了間際にテイクダウンし、パウンドを落とした。

連続で10-9の満票を得ている村田は頭を振って圧力を強めると、左フックを繰り出す。続く飛び込みに右を当てたフライヤーだったが、直後にダブルレッグでテイクダウンを許す。村田はクローズドに入れられるもパスを決めて、サイドへ。起き上がろうとしたフライヤーを潰した村田はパスをし、クルスフィックス。ハーフから肩固めを狙う。さらにキムラに入った村田はフライヤーの粘りにタップを奪えなかったが、最後まで攻め続けフルマークの判定勝ちを収めた。

「ケージの中、パンクラスという舞台で経験を詰めて感謝しています」と村田は話した。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie