この星の格闘技を追いかける

【UFN112】ワイルド&スマート、グィダがコクからしっかりと判定勝ち

<ライト級/5分3R>
クレイ・グィダ(米国)
Def.3-0:30-27.29-27.29-28
エリック・コク(米国)

サウスポーのコクが左を伸ばす。グィダのワイルドなフックをかわし間合いを図るコク。グィダは右ハイを見せ、頭を上下しプレッシャーを掛けていく。ダブルレッグを仕掛けたグィダが、シングルに移行する。するとグィダはコクを押し込んだ状態で、右足を後方に大きく振り上げカカトを当てようとする。態勢を入れ替えたコク、離れてケージ中央でフックを打ちながら前に出てきたグィダに右を打ち込んだ。

2R、右を伸ばして前に出るグィダが、右オーバーハンドからテイクダウンを決める。グィダは担ぎパス、肩パンチを打ちつける。マウントを奪取したグィダは、頭を抱えて引き寄せるコクに細かいパンチ、鉄槌を打ち込む。頭を抜いたグィダは残り15秒ほど、パンチを落とし続けた。

インターバル中におなじみとなった長いゲップをしたグィダに、大きなコールが送られる。コクの左ハイは届かず、グィダは右を振るってシングルへ。ケージにコクを押し込んだグィダが、またも後方に足を振り上げる蹴りを見せる。執拗にシングルを続けるグィダが、リフトアップからついにテイクダウンへ。すぐにニアマウントに入ると肩パンチ、そしてマウンドを奪取する。頭をケージにつけて軸を作りパンチ、エルボーを落とすグィダ。

コクが頭を抱えに来たが許さず、シザースやケージキックも防いで鉄槌、左のパンチを思い切り落としていく。コクはシザースでマウントを逃れようとしたが、タイムアップに。ここ一番でテイクダウンをしっかりと決めたグィダが3-0で判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie