この星の格闘技を追いかける

【Shooto】試合結果 斉藤裕が完勝防衛、扇久保も勝ち切り。猿田は圧勝

Shooto【写真】宇野を相手に1Rも落とすことなく、防衛に成功した斎藤裕。4R、5Rも取り切ったことは大きい(C)SUSUMU NAGAO

23日(日)、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで開催されたプロ修斗公式戦のメインで世界フェザー級チャンピオン斎藤裕が宇野薫を判定で下し、王座防衛戦に成功した。

フライ級王者・扇久保博正はダニー・マルチネスを相手に初回は左を被弾してピンチもあったが、そのシーン以外はほぼ優勢で判定勝ち。18歳の箕輪ひろばを寄せ付けなかった猿田洋祐が、飛鳥拳の持つストロー級王座に挑戦宣言。修斗公式戦初出場となった小谷直之は腕十字で福本よう一から一本勝ちを収めている。


Shooto
<プロ修斗世界フェザー級選手権試合/5分5R>
○斎藤裕(日本)5R
判定
詳細はコチラ
×宇野薫(日本)
<フライ級/5分3R>
○扇久保博正(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×ダニー・マルチネス(米国)
<ストロー級/5分3R>
○猿田洋祐(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×箕輪ひろば(日本)
<ライト級/5分3R>
○小谷直之(日本)1R2分10秒
腕十字
×福本よう一(日本)
<バンタム級/5分3R>
○トリスタン・グリムズリー(米国)2R2分31秒
RNC
×岡田遼(日本)
<ストロー級/5分3R>
○澤田龍人(日本)1R1分08秒
TKO
詳細はコチラ
×木内崇雅(日本)
<バンタム級/5分3R>
○金物屋の秀(日本)3R
判定
×一條貴洋(日本)
<インフィニティリーグ2017フェザー級/5分2R>
○山本健斗デリカット(日本)2R
判定
×仲山貴志(日本)
PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie