この星の格闘技を追いかける

【Shooto】力の差まざまざと見せつけた猿田が、箕輪に圧勝

<ストロー級/5分3R>
猿田洋祐(日本)
Def.3-0:30-26.30-26.30-27
箕輪ひろば(日本)

ケージ中央の猿田が最初の仕掛けで箕輪をテイクダウンする。ハーフから肩固め狙いの猿田、腕を入れ直した箕輪にエルボーを入れマウントに移行する。背中を向けた箕輪にパンチを落とす猿田は、立ち上がったところで前方に崩す。腰をコントロールされ、倒された箕輪は同時にマウントを許す。

思い切り鉄槌を入れる猿田が箕輪を引きずり回すようにコントロールする。箕輪は胸を合わせて、初めて猿田をケージに押し込むがすぐに体を入れ替えられる。ヒジを打ち込んで抵抗する箕輪を一気にダブルレッグを倒した猿田、後方回転から組んできた箕輪をがぶり貫禄の試合展開で初回を戦い終えた。

2R、左フックを当てた箕輪だが、ハイキックを空振りし猿田にテイクダウンを許す。立ち上がり際にパスを許し、ケージを背にしたレッグドラッグのような状態で固めら、背中をマットにつけさせられる。ハーフから身を起こそうとする箕輪をがぶった猿田はシングルを許さず、立ち上がったところでワキを潜られバックを取られる。キムラ狙いで寝技に移行した箕輪が、そのクラッチを軸に上を取られ立つこともままならない。

必死に首を抱える箕輪だが、パスを許し鉄槌を連打される。ヒジ&鉄槌からマウント奪取、バックに回った猿田がパンチを連打してラウンドを締めくくった。

最終回、左から右を伸ばす箕輪。猿田は頭をスッとさげてテイクダウンを奪う。ブリッジをすかされ、トップを許した箕輪はケージを蹴ってスクランブルに持ち込む。しかし、シングルを潰され下になってしまった箕輪。根性で再びケージを蹴って立ち上がるも、すぐに倒されてしまう。立ってはテイクダウンを奪われる箕輪は下からヒジを入れるも、猿田はサイドを取って鉄槌からマウントへ。右を連打し、鉄槌を入れる猿田。必死に立ち上がった箕輪をスラムで叩きつけたところでタイムアップ。

力の差をまざまざと見せつけた猿田は、完封勝利に「箕輪選手、これからの選手なんで」と余裕の言葉を発し、改めて飛鳥拳への挑戦をアピールした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie