この星の格闘技を追いかける

【RFC37】ライカ、韓国に乗り込んでジンヒを返り討ち

<女子フライ級/5分3R>
ライカ(日本)
Def.3-0
カン・ジンヒ(韓国)

左手を前に出してプレッシャーをかけていくジンヒ。ライカもジャブを返して前蹴り・右ローを蹴る。ジンヒは同じ構えからインロー・左ミドル、ライカが右ボディ、左フックから右ストレートを打ち込み、これでジンヒが尻餅をつく。立ち上がったジンヒは組みついてライカをケージに押し込みボディにヒザを蹴る。

再開後、ライカは右ストレート、右ボディから顔面への左フック。ジャブをボディに振ってパンチを顔面とボディに散らす。ジンヒも右ストレート・右ハイキックを見せるが当たらない。インターバル中、ライカの右をもらったジンヒの左目の下が大きく腫れあがる。

2R、ライカはジンヒの前蹴りをキャッチして右ストレート。下になったジンヒだったが、すぐに立ち上がる。試合がスタンドに戻ると、左ハイキックを狙うジンヒ。ライカはボディと顔面にパンチを打ち分けて前に出る。

組みの攻防になってもライカが先にテイクダウンを仕掛けて、ジンヒをケージに押し込む。ブレイク後、ジンヒが左ハイキックを2発。ジャブと前蹴りで距離を取るが、ライカが距離を詰めてケージに押し込む。

3R、ジンヒが左前蹴りで距離を取って左ミドル。一気に距離を詰めてライカをケージへ押し込む。ブレイク後、ライカがジンヒの蹴りを払うようにしてバランスを崩す。

そのままライカがジンヒをがぶってコントロールしようとするが、ジンヒも立ち上がって離れ際にハイキックを蹴る。距離を詰めて組みつくジンヒ。ライカはテイクダウンは許さない。

逆にライカがジンヒの蹴り足をすくってテイクダウンし、三角絞めをディフェンスしながらハーフへ。ジンヒが下からライカを蹴り放し、ライカが立ち上がったところで試合終了となった。判定は3-0でライカが勝利。韓国へ乗り込み、ジンヒを返り討ちにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie