この星の格闘技を追いかける

【RFC37】ジャン・イクファン戦へ、計量直前の根津優太 「女子の前座? 狼煙をあげるのにちょうど良い」

Yuta Nezu【写真】計量前に快く取材に応じてくれた根津、頬がこけている (C)KAORI SUGAWARA

11日(土・現地時間)、韓国ソウルのグランドヒルトン・コンペンションセンターで開催されるROAD FC37=初のオール女子大会Road FC XX。そのプレリミと表現して良いYoung Gun32のメインに根津優太が出場する。

一昨年8月のロードFC初陣で豪快な右ハイキックKO勝ちをした根津だが、その後はムン・ジェフンに判定負け、さらにキム・ミンウには秒殺KO負けを喫してしまった。

3連敗は許さない状況で迎えるジャン・イクファン戦。本計量前にインタビューを了承してくれた根津の声をお届けしたい。


──韓国入りはいつでしたか。

「昨日の夜9時ごろですかね。体重も日本で落としてきて、あと300グラムぐらいで来ました」

──顔の輪郭がとてもシャープですね。

「体調も良いですしね。減量すると、最初に顔に出るんですよ。あと2時間ぐらいで計量ですけど、サウナとかに入ってヒィヒィ言いたくない人間なので、いつも直前まで走って落として、あとはもう、お風呂に使って水風呂でごしごしやっておしまいです。それで計量に向かいます」

──水風呂……。今回は本計量があって、午後からパブリック計量という流れになっています。

「そうなんですか? えっ、パスしても水を飲んじゃいけないってことですか?」

──そんなわけはないです(笑)。

「だったら何でも構いません。水を飲んだらダメだって言われたら、マジかってなりますけどね」

──では対戦相手のジャン・イクファン選手について印象を教えてください。

「チェックしています。去年の12月頃ですかね? SNSのメッセージで俺に対戦要求をしてきて。人が忙しい時期でも、そんなの関係なしですからね。『あんたは連敗している。俺は連勝している。俺の挑戦を受けろ』と。そんなのロードFCが決めることだからいつかやるでしょって返してやったんです」

──えぇ、でもそれで対戦が実現してしまうのですね。

「面識もなかったし、ビックリしちゃいましたよ」

──韓国入りしてから、彼には会いましたか。

「いえ、会ったら怒っちゃいますよね(笑)。とにかく勝たないといけない相手です。本当に──もう本当に。調子に乗らずに練習通りのことをやります。ちゃんと勝たないと。裏切っているんでね、周りを」

──試合で違うことをしてしまったのは、前回の試合などですか。

「その時の感情で行っちゃいました。その時の感情が強ければ強いほど『これで行く』ってなり、一回はその技を出さなきゃ気が済まなくなるんです。だから、今回はステップ、打撃から寝技に繋がる連動の部分だったり、練習してきたことを出します。色々と変わってきていると思いますし」

──細かいところの修正をしてきた?

「修正というより新しく取り入れたというか。これからまだまだ成長できると思うんで、その可能性をこの試合で見せないとしょうがないっスね」

──セコンドはいつも通り、斉藤良さんですね。

「いつも通りです。あの人がいないとね、精神的にも辛いと思うので。もう10年以上一緒にやってもらってます。昔の慧舟會の寝技を知っていますからね。守山(竜介・故人)さんがさんがいない今、それを教えてくれる人が他にいないので、週一で斉藤さんに個人的に教わっています」

──今回は女子大会の前座という位置でのファイトになります。

「この状況に関しては何も言えないです。前の試合の結果が結果なので。この状況から抜けだす、そのための狼煙をあげるには──今の俺にはちょうど良いぐらいですよ」

──では最後にファンにメッセージをお願いします。

「見てくれた人の明日の活力になるような試合をしたいです!!」

■Road FC37=Road FC XX01対戦カード

<女子フライ級/5分3R>
ライカ(日本)
カン・ジンヒ(韓国)

<女子46.5キロ契約/5分3R>
しなしさとこ(日本)
イ・イェジ(韓国)

<女子アトム級/5分2R>
パク・ジョンウン(韓国)
パク・ナヨン(フィリピン)

<女子アトム級/5分2R>
華DATE(日本)
イム・ソヒ(韓国)

<女子ストロー級/5分2R>
藤野恵美(日本)
ナタリア・デニソヴァ(ロシア)

<女子ストロー級/5分2R>
原田志保(日本)
シム・ユリ(韓国)

<女子50キロ契約/5分2R>
ホン・ユンハ(韓国)
ワン・シャンジ(中国)

■Young Guns 32 対戦カード

<バンタム級/5分3R>
根津優太(日本)
ジャン・イクファン(韓国)

<フライ級/5分2R>
朝倉海(日本)
アラテン・ヘイリ(中国)

<ミドル級/5分2R>
ジョン・ヨンジュン(韓国)
キム・ジュウォン(韓国)

<フェザー級/5分2R>
シン・スンミン(韓国)
ヤン・ジュンカイ(中国)

<フェザー級/5分2R>
朝倉未来(日本)
オ・ドゥソク(韓国)

<フライ級/5分2R>
キム・テギュン(韓国)
ワン・デユ(中国)

<フライ級/5分2R>
コ・ギウォン(韓国)
ユン・ホヨン(韓国)

<ミドル級/5分2R>
チェ・インヨン(韓国)
イム・ドンファン(韓国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie