この星の格闘技を追いかける

【UFC208】パンチで圧倒も、ローで攻め込まれたポイエーが逃げ切ってミラーに勝利

<ライト級/5分3R>
ダスティン・ポイエー(米国/10位)
Def.2-0:30-27.29-28.28-28
ジム・ミラー(米国)

サウスポー同士の一戦。左を振るって前に出るミラーに対し、ポイエーが左に回って距離を取る。ワンツーから左ローを蹴ったミラー、ポイエーがジャブを入れて左を狙う。ジャブを伸ばしてポイエーが距離を詰める場面が増えてくると、ミラーはテイクダウン狙い。これを切ったポイエーがミラーをケージに押し込む。離れて左右のフック、アッパーを放つポイエーは、ミラーの左ミドルに左を当てていく。

ミラーがショートのワンツーからボディで前に出たが、ポイエーが右ジャブで突き放す。左ミドルをキャッチされ倒されたミラーは、起き上がりながらダブルレッグを決めて、バックに回る。両足をフックされたポイエーだが、胸を合わせて立ち上がると左を入れる。ミラーも左フックを打ち返し、最後は足を止めての打ち合いとなった。

2R、右ジャブから左ストレートに続き、ミラーが重い左ローを蹴り込む。ポイエーも右ローを返し、距離を詰めて左フックを入れる。姿勢を乱したミラーのシングルレッグをギロチンで受け止め、リリースすると右フックから左、続いて右をポイエーが打ち込む。ミラーも打ち返すが、勢いに差が出てくる。左右のフックを連打するポイエーが、右フック、左ストレートをヒット。間合いを外したミラーの正面に立ち、ポイエーは右フック。パンチを纏めるポイエーは、シングルレッグにもケージを背にしたエルボーを頭部に落とす。

激しい肉弾戦の様相を呈してきた一戦は、体を入れ替えたポイエーがテイクダウンに成功する。そのポイエーも攻め疲れが見られるも、息を整えてスタンドに戻るとヒザをボディに突き刺した。

最終回、ミラーは左ロー2発を入れ、続く3発目でポイエーが崩れ、構えを変える。ただ、こうなると自分の動きができず、サウスポーに戻したところでローを被弾して体は棒立ちに。ここで攻め込みたかったミラーだったが、ポイエーはそのローをキャッチしてテイクダウンに成功する。ラバーに一旦入ったミラーは、これを外して立ち上がろうとする。

頭を胸に押し付け背中をつかせたポイエーは、パウンドを落とす。起き上がったミラーがシングルからポイエーを押し込むが、ここは離れてローを蹴った方が良いのではないだろうか。

残り1分、強引にバックを取りに行き前方に落とされたミラーがキムラを仕掛ける。左足で肩を固定したミラーに対し、その腕を引き抜いたポイエーが左のパウンド。タイムアップを迎えると、立ち上がったポイエーは足を引きずっている。さらにマットにしゃがみ、立ち上がることができないポイエー──、なぜ、立ち上がった際にローで攻めなかったのか疑問が残る。

いずれにせよ、初回と2Rを取っていたポイエーが判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie