この星の格闘技を追いかける

【EJJC2017】ムンジアル5連続&3階級制覇のレアンドロ・ロがヘビー級に出場!!

Lo【写真】軽量、中量級と比較すると顔触れが寂しい重量級にあってレアンドロ・ロから目は話せない (C)MMAPLANET

17日(現地時間・火曜)に開幕し、22日(同・日曜)までポルトガルはリスボンのパヴィラォン・ムルチウソス・ジ・オジヴェラスで行われているIBJJF(国際柔術連盟)主催のヨーロピアンオープン柔術選手権。ヨーロッパを中心に、各国から強豪が参戦するこの大会の見所、最終回が3回に分けてお届けしたい。第2回は中量級3階級の見どころとなる。

【ヘビー級】
ライト、ミドル、ミディアムヘビーとムンジアル3階級制覇&5年連続の世界王者、柔術界のパウンド・フォー・パウンド最強の有力候補とも言えるレアンドロ・ロ(N’sブラザーフッド)がついにこの階級にエントリー。必殺のニースライド・パスと難攻不落のオープンガード、クラシカル形から最新形までなんでもありのスイープを武器に、無差別級でも無類の強さを発揮しているロだけに、ここでも当然大本命だ。このヨーロピアンは、前人未到の世界4階級制覇への布石となるか。

エントリーリストを見る限り、ロの対抗馬となるような名前は見当たらないというのが正直なところ。コブリーニャから黒帯を受けたタナー・ライス(ソウルファイターズ)らの躍進に期待したい。

【スーパーヘビー級】
注目は15年の茶帯の世界王者にして、同年のノーギ・ワールズ黒帯の部で準優勝に輝いたモハメッド・アリー(ロイド・アーヴィン)。昨年は大きなタイトルは取れず、黒帯世界最高峰の壁の高さを経験したこの若者が、2017を飛躍の年とするためにも、この大会は重要となる。

そこに立ちはだかるのが、この大会長年の常連にして、15年の覇者のラガルトことルシオ・ロドリゲス(グレイシー・バッハ)だ。ガンを克服したことで多くの者に力を与えるベテランが、台頭する若手を相手に存在感を見せつけることができるだろうか。

【ウルトラヘビー級】
一昨年の本大会王者イゴール・シウバと、やはり一昨年の世界柔術にて、世界最強の柔術家ブシェシャことヒカルド・アルメイダに土をつけて世界を驚かせたヒカルド・エヴァンゲリスタのGFチーム勢がクローズアウトを狙う。この二人に対抗するのは、昨年のノーギ・ワールズ準優勝のグスタヴォ・ディアス(ヒベイロ)か。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF