この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC21】RNCで失神しタイムアップを迎えたモンテネグロが、ハガから判定勝ちの珍裁定!?

<女子ストロー級/5分3R>
エイミー・モンテネグロ(米国)
Def.3-0:29-28.29-28
セリーン・ハガ(ノルウェー)

先頃、引退を発表したヨアキム・ハンセンの元カノ、ハガがインヴィクタ初陣に挑む。ハガはサイドキックを見せるなど、距離を意識した打撃戦を試みるも、モンテネグロがコンパクトなワンツー、さらに右ローに右を合わせていく。引き続き、左ジャブから右ストレートとワンツーを伸ばすモンテネグロは、さらにスーパーマンパンチ。ハガのサイドキックに組んでケージに押し込んでヒザ蹴りをボディに突き上げる。

ハガは体を入れ替えて、シングルレッグからバックへ。そのまま後方に倒してバックマウントを奪取、即RNCのセットアップに掛かる。ここはモンテネグロが手首を掴んで防ぐも、ハガは肩固めへ移行する。モンテネグロの反応にバックに回り直したハガはRNC。体を捩じってエスケープを図ったモンテネグロに対して再び肩固めへ。モンテネグロはハーフに戻し、ハガが技を解くと残り5秒を切ったところで腕十字へ。ラウンド終了と同時にハガはタップもベルが一瞬早く、命拾いした。

2R、ハガの蹴りに対して、組みにったモンテネグロがRNCをまず腕からかけてバックを伺う。左手を伸ばしてシングルに出たハガだが、後方からワキを差されて潰される。後方から殴られつつ立ち上がったハガは胸を合わせて逆にモンテネグロをケージに押し込む。

バックに回ろうとしたハガに、モンテネグロは払い腰。これは崩れたが、ハガが引き込みトップを奪うことに成功する。ハガのバタフライフックを潰したモンテネグロが左エルボーを落としていく。立ち上がろうとしたハガをギロチンに捉えるモンテネグロ。背中を付け直したハガにエルボーを連打してから立ち上がったモンテネグロが、ローキックを続ける。ブレイク後、立ち上がったハガはサイドキック。ここに突進したモンテネグロがハガをケージに押し込んだところで2Rが終わった。

最終回、勢いで上回るモンテネグロが右を打ちながら組みつく。小手を決めて投げを狙ったハガは、腹ばいのモンテネグロの頭を跨いで腕十字を仕掛ける。これは極まらず、続くトォーホールドを潰したモンテネグロがトップを取り、左エルボー&鉄槌を打ち下ろす。ハガはヒールも防がれたが、パス狙いにまたも足関節を合わせようとする。体重をかけて足関節を遮断しバックに回ったモンテネグロはRNC。

体を捻って逃げたハガのバックを制したままパンチを連打する。残り90秒で再度、RNCのセットに掛かったモンテネグロはパンチを織り交ぜながらフェイスロックからRNCの機会を伺う。ディフェンスに徹し切ったハガは、胸を合わせてボディロックから立ち上がる。バックに回ったハガが逆にRNCへ。残り15秒の仕掛けで、両足をフック市内で思い切り絞め上げる。

このままタイムアップとなり、両者がレフェリーに分けられた時点でモンテネグロが落ちていることが発覚する。しかし、レフェリーが気付いたのはタイムアップ後。目まぐるしく攻守を入れ替え、フィニッシュを狙った両者の激闘はこのRNCが認められず、モンテネグロが判定勝ちを収めた。

勝者は「残り10秒の合図は聞こえた。あとは見ての通り、ジャッジは私を勝者にしたし、彼女は1Rにタップしている」と主張した。


PR
PR

関連記事

Movie