この星の格闘技を追いかける

【WSOF33】ヌルマゴメドフ弟、打撃&テイクダウンでハワードを寄せ付けず3‐0の判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
アブバカル・ヌルマゴメドフ(ロシア)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ジョン・ハワード(米国)

右ジャブを伸ばすヌルマゴメドフ。サウスポーのハワードも右フックを返す。ワンツー、右ジャブ、右ローと中間距離で打撃を多用するヌルマゴメドフが左オーバーハンド。ハワードが組みつくと、逆にケージに押し込みヒザ蹴り。離れて右ジャブを当てる。ハワードは右ローを返すが、勢いのある左ローを蹴り返される。ヌルマゴメドフの右にハワードが左を返して組みつく。ボディロックからヌルマゴメドフがテイクダウンを狙うも、踏みとどまったハワードがヒザをボディに突き上げて離れる。

一旦間合いを取ったヌルマゴメドフが、ダブルレッグで一気にテイクダウンに持ち込む。頭を下ろしたヌルマゴメドフが、これが顔面に当たりハワードがレフェリーに頭突きだとアピール。それほど強い当たりでなく、レフェリーは試合を続行させる。足を一本抜き、左のパンチを入れるヌルマゴメドフは、ハワードのスイープ狙い判定側に回ってパス。ハワードは足を戻すも、勢いのある左のパウンドを受け、右エルボーを落とされた。

2R、前に出るハワードを右ジャブ、右ハイで止めるヌルマゴメドフ。続いて前蹴りを放ったヌルマゴメドフが間合いをコントロールする。その結界を破る様に前進したハワードの右フックが当てる。組んで右腕を差し上げたハワードのテイクダウン狙いを防いだヌルマゴメドフがヒザを入れて離れる。ジャブを打ち合った両者、ヌルマゴメドフはサウスポーに構えるシーンも。

引き続きサウスポーから右ジャブを伸ばすヌルマゴメドフが、左ストレートから右を当てて攻勢に。ハワードも右ジャブを返すが、右を打ちながら前に出たところで右エルボーを受けてダウン。パウンドを落とすヌルマゴメドフにシングルで立ち上がったハワードがダブルレッグでテイクダウンンを奪う。すぐに立ち上がったヌルマゴメドフが負けじと差し上げテイクダウンダウンを決めて、このラウンドをモノにした。

最終回、逆転を掛けて前に出るハワードがフックから組み付いてヌルマゴメドフをケージに押し込む。すぐに離れたヌルマゴメドフが逆に組んで、小外掛けでテイクダウンに成功する。ハーフでトップを取ったヌルマゴメドフが左のパンチを打っていく。残り80秒になりレフェリーがブレイクを命じると、スタンドに戻ったハワードが右を見せてから組み付く。体を入れ変えたヌルマゴメドフだが、ハワードが再度態勢を入れかえる。ここでタイムを気にしたのか、ヌルマゴメドフがスクリーンに目をやり視線をハワードから外す。

すかさず右を打ち込んだハワードがKO狙いで前に出る。ダンブルで組み付き、クリンチの攻防に持ち込んだヌルマゴメドフ弟は、最後に集中力を切らせたような場面もあったが、3-0の判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie