この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX21】ノンストップ・ファイティング、激闘の末ミラーがローゾンを返り討ちに

<ライト級/5分3R>
ジム・ミラー(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ジョー・ローゾン(米国)

サウスポーのミラーが左ストレート、ローゾンがワンツー。ミラーが左フックと左ミドルを入れると、蹴り足をキャッチしたローゾンはそのままヒールフックへ。体を捩じって立ち上がったミラーにローゾンも続く。左から右を伸ばしてプレッシャーを掛けるローゾンが、ケージにミラーをつめてヒザ蹴りをボディに入れる。

間合いを取り直したローゾンの前進に右フックを合わせようとしたミラー。続いて左ストレートを伸ばす。ローゾンは右ストレート、ボディへのヒザ蹴りと両者、攻撃の手を緩めない。ローゾンがケージ際でヒジは放てば、ミラーがヒザを返す。スピニングバックフィストを空振りし、姿勢を乱したミラーに対し、ローゾンがすかさずパウンドを打ち込みトップを取る。ハーフからヒジをこすりつけるローゾン。ボディから顔面にパンチを落とすと、スペースができミラーがフルガードへ。

上体を起こしたローゾン、ミラーは立ち上がってワンツーを打ち込む。顔面→ボディというコンビネーションを決めたミラー、ローゾンは右ローを蹴っていく。と、ミラーは左フックからダブルレッグ、これはスプロールされたが左アッパー、右ストレート、そして左ボディフックを決めた。

2R、ワンツー、そしてスリーから右ハイで前に出たミラー。ローゾンは左ジャブで前に出て圧力に屈しない。ミラーは初回から続いて腹への攻撃、ボディフックとヒザ蹴りを入れる。ローゾンの一発に対し、ミラーは三発ショートを返すという展開のなか、ミラーが左ストレートから左ミドルを思い切り蹴り込む。ローゾンも前に出て果敢に打ち合いに挑むが、パンチを返され下がってしまう。

それでも右カウンターを入れたローゾン、ミラーはボディを交えて、左エルボー。またもローゾンが間合いを外す。ボディを気にせざるを得ないローゾン。ミラーはローにカウンターのテイクダウンを合わされ、ガードを取ると一瞬、表情が鈍る。ハーフからキムラを狙ったローゾン、ミラーはラバーガードで動きを封じ込みにかかる。

下からエルボーを狙ったところでラバーがルーズになり、フルガードに戻したミラーに対し、ローゾンは足を一本抜いてトップをキープしたまま2Rを戦い終えた。


最終回、足を使い踏み込んでパンチを放つミラーが、左アッパーを入れるとローゾンの動きが止る。ヒザ蹴り、左右のパンチでラッシュを掛けるミラー。ローゾンもケージに追い込まれながら前に出ていく。そこに右ジャブから左ストレートをミラーが決めると、ローゾンは一瞬動きを止める。呼吸を整え、攻撃を入れては間合いを図るようになったミラーも疲れは否めない。ローゾンはここでダブルレッグを決めて、トップを奪取。ハーフで試合を落ち着かせたローゾンがマウントへ。すぐに足を戻したミラーは、ラバーを察知され逆側に足を一本抜かれる。

背中を見せて立ち上がったミラーは、ワキをくくってバックへ。離れた両者、疲弊が目立つのはミラー。ローゾンはケージに押し込んで、首投げを潰してバックへ。前転で逃げようとしたミラーは、そのままガードを強いられる。残り10秒を切ってマウントから一気に腕十字を狙ったローゾンだが、ここはミラーも体を捩じって防ぎ、激闘はタイムアップに。

打撃でミラー。ただし、テイクダウンを奪われている。果たしてジャッジの裁定はスプリットに分れ、3年9カ月振りの再戦もミラーに凱歌が挙がった。「ジョーは素晴らしい男、大好きだ。グラウンドではやられてしまってね。サンキュー・ジョー」とローゾンへの感謝の言葉を勝者は忘れなかった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie