この星の格闘技を追いかける

【UFC198】打と倒・圧力の掛け合い、前に出続けたモイカノがトホゴフをスプリット判定で破る

<フェザー級/5分3R>
ヘナト・モイカノ・カルネイロ(ブラジル)
Def.3-0:29-28.29-28.28-29
ズベア・トホゴフ(ロシア)

左ジャブを伸ばすモイカノ、非常に肩の力が抜けた構えからトホゴフがフックを放っていく。モイカノのローをキャッチし押し倒したトホゴフは、立ち上がり際にパンチを狙う。すぐに向き合って距離を取った両者、モイカノが左ミドルから鋭い右ローを蹴っていく。トホゴフはスイッチを交え、右フックでモイカノのバランスを崩す。ガードのなかにトホゴフを入れたモイカノはラバーガードから三角絞めへ移行しようとする。体重を上方に掛けて、クラッチをルーズにさせたトホゴフだが、モイカノはラバーへ。

頭を抜いたトホゴフが立ち上がると、モイカノが蹴り上げ。トホゴフはジャンプしてパスを狙うも、両足を振り上げてかわしたモイカノが腹這いで落ちたトホゴフのバックへ。これを振り落されたところで初回が終わった。

2R、モイカノが思い切り右フックを振るい、左ジャブも当てる。トホゴフの左ハイに右フックを合わせようとするなどモイカノが打撃でも前に出る。右ローからスイッチの左ハイを繰り出し、続けて右ローを入れるモイカノに対し、トホゴフはやや見過ぎのきらいがある。モイカノのローが急所に入ったとアピールするトホゴフだが、レフェリーは続行を要求。

トホゴフのローシングルを切ったモイカノががぶろうとする。後方へ立ち上がったトホゴフにモイカノが引き続きプレッシャーを与える。トホゴフが踏み込んで左フックを当てる。トホゴフはパンチが荒くなるなか、スピニングバックフィスト。この振り終わりに右フックを入れたモイカノは、鋭い右ローを蹴り込みこのラウンドを取った。

最終回、トホゴフが右ストレートをヒットし、ワンツーで前に。モイカノは右フックを打ち抜き、続く右フックにトホゴフがシングルから肩を入れようとするが、モイカノがスプロール。トホゴフもすぐに立ち上がる。その後、左目尻からの流血が増えたモイカノにドクターチャックが与えられる。再開後、左フックを入れたトホゴフが続いてダブルレッグから差し上げテイクダウンへ。倒されながらもスクランブルの態勢に入っているモイカノは尻餅をついたと同時に立ち上がり、ヒザをボディに突き刺す。

左に回るトホゴフを追いかけるモイカノは組みの中でヒザ蹴り、離れて右ミドルを蹴り込む。ローをキャッチされそうになったが、バランスをキープしたモイカノが左右のフックを振りながら前へ出る。残り1分を切り、モイカノは後ろ回し蹴りから左ハイ。トホゴフはシングルレッグ、これも切ったモイカノが右ローをいいタイミングで入れる。残り10秒を見合った両者、最後はモイカノが左ローを入れて勝利を確信した。結果、スプリットに別れた勝負はモイカノに凱歌が挙がった。

「初回を失って申しわけない。もっと強くなって戻ってくる」と勝者は語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie