この星の格闘技を追いかける

【Grachan19】斉藤洋二がバンタム級次期チャレンジャーに。鈴木隼人、フライ級王座戴冠

Hayato Suzuki【写真】Braveの応援団達と新フライ級チャンピオン鈴木隼人(C)MMAPLANET

19日(土)、東京都大田区の大田区総合体育館でGRACHAN19が、日本国内初となるケージ&リング同時設置でキックボクシングイベント=BOMと共同開催された。ここではバンタム級次期挑戦者決定トーナメント決勝戦とフライ級王座決定トーナメント決勝戦の模様をお伝えしたい。

Saito vs Sasaki<バンタム級次期挑戦者決定T決勝戦/5分3R>
斉藤洋二(日本)
Def.3-0
佐々木郁弥(日本)

テイクダウンを狙った斉藤を佐々木が首投げで投げてトップを奪取。パスを狙う佐々木に斉藤が三角絞めからオモプラッタへ。これは防がれるも、一旦は腹ばいになりながらシングルに出た斉藤が上を取り返す。佐々木のバタフライガードを越そうとする斉藤とのグラウンド戦は、佐々木がケージを蹴って再度トップを奪取する。ここはブレイクが掛かり、直後にダブルレッグでテイクダウンを決めた斉藤がトップキープで初回をリードした。

2R開始早々にテイクダウンに成功した斉藤は佐々木の三角狙いを担いでパス。潜られそうになると、上体を起こしてパンチを入れるなど斉藤の攻勢のまま試合は最終ラウンドに。ここでも斉藤はシングルレッグでテイクダウンを奪い、ケージを蹴られても態勢を入れ替えられることなく上四方へ。

佐々木はシングルを取り、上を狙うもキムラクラッチから斉藤がバックに回り込む。体を伸ばされた佐々木は、また亀に戻り前方に斉藤を落としにかかる。この局面で下にならず、残り30秒で立ち上がられても即テイクダウン。佐々木のヒザ十字狙いを防いだ斉藤が3-0の判定勝ちを収め、バンタム級チャンピオン手塚基伸への挑戦権を手にした。

<フライ級王座決定T決勝戦/5分3R>
鈴木隼人(日本)
Def.1R0分22秒by TKO
己吏人(日本)

間合いを測る両者、鈴木が前に出て左フックを打ち込む。そのまま後方に崩れた己吏人にパウンドを連打すると、即レフェリーが割って入り試合終了。22秒TKO勝ちで鈴木がフライ級のベルトをその腰に巻いた。

■GRACHAN19 この他の主な試合結果

<GRACHANフェザー級選手権試合/5分3R>
原井徹(日本)
Draw.1-0
大澤茂樹(日本)

<バンタム級/5分2R>
手塚基伸(日本)
Def.1R0分23秒by TKO
伊藤健一(日本)

<ライト級王座決定T1回戦/5分2R+EXR>
阪本洋平(日本)
Def.3-0
山本勇気(日本)

<ライト級王座決定T1回戦/5分2R+EXR>
宇良健吾(日本)
Def.1R1分37秒by アームロック
渡辺和幸(日本)

<バンタム級/5分2R>
中村謙作(日本)
Def.2R by TKO
大金剛(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie