この星の格闘技を追いかける

【VTJ07】ROAD TO UFC還りの安藤達也、熱戦の末に佐藤将光にスプリットで敗れる

<バンタム級/5分3R>
佐藤将光(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
安藤達也(日本)

RTU帰還組・安藤のバンタム級初戦、距離を測る両者。佐藤が前蹴りを見せ組みつく。安藤は首相撲から飛びヒザ、小外掛けを仕掛けダーティボクシングを見せる。ノーガードでプレッシャーを掛ける安藤はジャンピングで後ろ回し蹴りを見せ、組んで佐藤をケージに押し込む。飛びヒザを見せた安藤だが、着地時点で右フックを受けて後方にバランスを崩す。立ち上がってダブルで尻餅をつかせた安藤、佐藤がケージを背にして立ち上がる。安藤はシングルからボディロック、そのままテイクダウンに成功する。佐藤の立ち上がり際にバックに回った安藤がヒザを尻に入れる。再びテイクダウンに成功した安藤はトップで初回を戦い終える。

2R、左ローを入れた佐藤。さらに右ストレートを2つ伸ばし、もう一つ見せる。安藤の左ロングは空振りに、パンチで詰めた佐藤。しかし、右ロングを顔面に被弾する。ケージを背にした佐藤に対し、安藤はスピニングバックフィストからダブルレッグへ。ここはしのいだ佐藤が首相撲、安藤も首相撲の態勢に入る。佐藤はボディロックから崩す。続く打撃戦で右を打ち込んだ安藤が、足がふらつく佐藤に連打で攻め立てる。ここで安藤は組みに転じバックへ。しかし、逆にバックを取った佐藤がRNCを仕掛ける。

スイッチから立ち上がった安藤だがケージを背にして守勢に。左を被弾した安藤はダブルレッグも疲れたか、足が前に出ない。佐藤はシングルからエルボー、右フックを入れる。ラウンドを取った安藤だが、インターバル中にヒザに手を置くなどスタミナが心配される。

最終回、安藤が右ロー。佐藤は右ストレートをヒットさせる。安藤のワンツーは空振りに、直後にダブルレッグ、ハイクロッチからスラムで叩きつける。ここに来て躍動感溢れる動きを見せた安藤、佐藤もすぐに立ち上がる。壁際の攻防にブレイクが掛かり、試合がケージ中央に戻ると安藤がワキを差して佐藤をケージに押し込む。

2度目のブレイク後、佐藤の右ヒザを受けた安藤が崩れる。それでも立ち上がって後ろ回し蹴りを見せた安藤はケージに佐藤を押し込んでいく。首を刈ろうとする佐藤だが、尻の後ろで両手をクラッチされると、大きく持ち上げられてテイクダウンを許してしまう。

立ち上がった佐藤は安藤の頭を押さえてパンチも、打撃の間合いに戻ることができない。安藤は魂のテイクダウンへ。鉄槌を落とす佐藤が胸を合わせてケージに佐藤を押し込んだところでタイムアップに。ジャッジの裁定はスプリットで佐藤に。テイクダウン力も打撃の精度を取ったか。死闘を制した佐藤は修斗王座獲りを宣言した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie