この星の格闘技を追いかける

【ADCC2015】ベンヘン出場の77キロ級、準決勝でレプリ×ソウザ=ライト×ミドルのトップ対決実現

Lepri vs Souza【写真】ライト級のレプリが、ミドル級のソウザと準決勝対戦。パス×極めの戦いとはならなかった(C)GLEIDSON VENGA

29日(土・現地時間)から30日(日・同)にかけて、ブラジル・サンパウロにてアブダビコンバットクラブ(ADCC)主催の世界サブミッション選手権が行われた。2年に1度、世界最高峰の組業師たちを集めて行われるこの大会。今年もグラップラーの祭典と呼ぶに相応しい強豪たちが集まった。実質上ギ無しグラップリングの世界最強決定戦といえるこの大会、今回は77キロ以下級準決勝までもの模様を紹介したい。

<77キロ以下級準々決勝/10分1R>
ルーカス・レプリ
Def. by 10-0
ゲイリー・トノン

前回大会でクロン・グレイシーをあと一歩の所まで追い詰めて名を上げ、その後もサブミッション・オンリー大会を中心に日の出の勢いのゲイリー・トノン。並み居るレジェンド達を差し置いて優勝候補に挙げる声も多かったこの大会の1 回戦では、マルセロ・ガウッシアの弟子にして、やはり脚光を浴びる若手黒帯のディロン・ダニスと注目の対決。期待に違わぬ激しい攻防のなか、膝十字からヒールへの連携で見事に一本勝ち。ここ数年、圧巻のパスガード力をもって世界柔術ライト級で無敵を誇るルーカス・レプリとの準々決勝にこぎつけた。

開始早々下を取るトノンに対し、レプリは両足を割って必殺のニースライド・パスの体勢に。それを凌いでハーフに戻したトノンとレプリによる脇の制し合いが続く。やがてレプリは足を絡まれながらもキムラグリップでトノンの腕を制しての攻撃をみせるが、トノンはこれも凌ぐ。するとレプリは再び仕切り直して、ハーフで胸を合わせてトノンの上半身をがっちり固めることに成功。そこから足を抜いて見事にパスにつなげ、先取点を取る。その後ニー・オン・ザ・ベリーなども決めたレプリは、トノンの上半身を制したまま、足を戻されるたびにパスに成功して加点。結局10-0の大差で勝利した。

現在レアンドロ・ロと並ぶ世界最高のパスガードの使い手が、トノンの自由奔放なサブミッション・ゲームを完封。柔術世界一の壁の高さを見せつけた。

<77キロ以下級準決勝/10分1R>
ルーカス・レプリ
Def. by 4-0
オターヴィオ・ソウザ

前回大会準優勝のオターヴィオ・ソウザは、1回戦でAJアガザームとの同門対決を肩固めで制し、準々決勝はヴァグナー・ホシャとのテイクダウン合戦を制して準決勝進出。柔術ミドル級世界最高峰のソウザと、世界柔術ライト級で現在無敵を誇るレプリによる夢の対決がギ無しで実現した。

マイナスポイントの付かない前半、体格で劣るレプリは座って下からの戦いを選択。やがて足を捕獲してタックルに入ることに成功するレプリだが、抜群のボディバランスをもつソウザはスクランブルで上を譲らない。さらにレプリはハーフからの攻撃をみせるも、ソウザはのど輪の要領で距離をとってこれを回避、結局両者ポイントがないまま延長戦となり、スタンドからの再開となった。

引き込みがマイナスポイントとなるなか、まずスタンドで見せ場を作ったのはソウザ。ダブルレッグ狙いからバックに付くと、抱え上げて投げつけ、立ち上がったレプリのバックに跳び付く。しかし、レプリもフックは許さずエスケープ。ノーポイントのままスタンドで仕切り直しとなった。次に仕掛けたのはレプリの方。組みついてソウザの左脚を掴むと腿の裏でクラッチ。片足立ちを余儀なくさせてからダブルに移行してテイクダウンへ。

なんとか抑え込まれまいと暴れるソウザだが、レプリが抑え切って2点先取した。試合がスタンドに戻ると、残り時間が少なくなりレプリは自ら座って下を選択、デラヒーバガードを取る。マイナスポイントではあるものの、2点を先取しているのでリードは保ったまま。テイクダウンによって同点に追い付かれることを回避する頭脳的な戦略を見せたレプリは、焦りの見えるソウザの右足を捕まえてスイープに成功。リードを4点に伸ばした上で勝利した。

それぞれ違う階級で活躍する世界最高峰の柔術家同士の一戦は、期待されたほどは寝技の攻防が見られないままライト級のレプリがミドル級のソウザに勝利。やはりこのルールでは、寝技よりテイクダウン勝負となることが多い、そんなことを改めて思い知らされたドリームマッチだった。

<77キロ以下級準決勝/10分1R>
ダヴィ・ハモス
Def. by バックチョーク
ジルベルト・バーンズ

まだADCCや世界柔術での目立った戦績こそないものの、ジェフ・モンソンらのスーパーヘビー級から一瞬でタップを奪う驚異の極め力の持ち主のダヴィ・ハモスが、元柔術世界王者のドゥリーニョことジルベルト・バーンズと準決勝で同門対決。ちなみにドゥリーニョは準々決勝では、1回戦にて元UFCライト級王者ベンソン・ヘンダーソンにテイクダウンからのチョークで圧勝して周囲を驚かせたヨーロッパ予選覇者、アブカディロフ・マゴメッドを倒している。

抜群の瞬発力を誇る両者だけに、試合開始後から躍動感溢れるスタンドの攻防となる。やがてダブルレッグから跳び付くようにバックを奪ったハモスは、そのままグラウンドに引き込んでシングルレッグからフックを完成。横向きになった状態ながら、強烈な足の締めでドゥリーニョの体は伸びてしまっている。そのままチョークを仕掛け続けると、なんとドゥリーニョがタップアウト。レジェンドからの圧巻の一本勝ちでハモスが決勝に進出。敗れたドゥリーニョはマットに突っ伏して涙していた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie