この星の格闘技を追いかける

【UFC180】試合結果 ハント、K-1&UFC制覇ならず。ヴェウドゥムはADCC,世界柔術&UFCで頂点

15日(土・現地時間)、メキシコ・メキシコシティのアレナ・シウダ・デ・メヒコでUFC180「Werdum vs Hunt」が開催された。

メインのUFC世界ヘビー級暫定王座決定戦=ファブリシオ・ヴェウドゥム対マーク・ハントの一戦は、初回にハントが右フックで尻もちをつかせるなど見せ場を作り、ヴェウドゥムのテイクダウンも度々切り続けたが、2R半ばに飛びヒザ蹴りを被弾するとそのままパウンドを受けてレフェリーストップ。ヴェラスケス負傷により代役参戦で暫定王座決定戦に臨んだハント、史上初のK-1&UFC制覇とはならなかった。ハントが立ち技とMMA両方の頂点に立つ快挙を逃した一方で、ヴェウドゥムは世界柔術選手権、ADCC世界サブミッションレスリング選手権と組み技とMMAの頂点に立つ偉業を成し遂げた。

リカルド・ラマスとデニス・ベルムデスによる注目のフェザー級トップランカー対決は、カウンターのジャブでダウンを奪ったラマスが、身体を起こそうとしたベルムデスをアームトライアングルに捉え鮮やかな一本勝ち。TUF Latin America決勝はバンタム級でアレハンドロ・ペレス、フェザー級でジャイー・ロドリゲスがウィナーに輝いている。

同大会の全試合結果は以下の通りだ。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=エンリケ・ブリオネスvsギド・カネッティ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ファブリシオ・ヴェウドゥムケルヴィン・ガステラム

UFC180
<UFC世界ヘビー級暫定王座決定戦/5分5R>
○ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル/1位)2R2分27秒
TKO
詳細はコチラ
×マーク・ハント(ニュージーランド/4位)
<ウェルター級/5分3R>
○ケルヴィン・ガステラム(米国/11位)1R4分46秒
RNC
詳細はコチラ
×ジェイク・エレンバーガー(米国/7位)
<フェザー級/5分3R>
○リカルド・ラマス(米国/4位)1R3分18秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×デニス・ベルムデス(米国/7位)
<ウェルター級/5分3R>
○アウグスト・モンターニョ(メキシコ)1R4分50秒
TKO
詳細はコチラ
×クリス・ヒースリー(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ヘクター・アビーナ(米国)1R3分38秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×エドガー・ガルシア(メキシコ)
<TUF Latin Americaフェザー級決勝/5分3R>
○ジャイー・ロドリゲス(メキシコ)3R
判定
詳細はコチラ
×レオナルド・モラレス(ニカラグア)
<TUF Latin Americaバンタム級決勝/5分3R>
○アレハンドロ・ペレス(メキシコ)3R
判定
詳細はコチラ
×ホセ・キニョネス(メキシコ)
<女子バンタム級/5分3R>
○ジェシカ・アイ(米国/6位)2R1分30秒
TKO
詳細はコチラ
×レスリー・スミス(米国/13位)
<フェザー級/5分3R>
○ガブリエル・ベニテス(メキシコ)3R0分30秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×ウンベルト・ブラウン(パナマ)
<バンタム級/5分3R>
○エンリケ・ブリオネス(メキシコ)2R1分44秒
RNC
詳細はコチラ
×ギド・カネッティ(アルゼンチン)
<バンタム級/5分3R>
○マルコ・ベルトラン(メキシコ)3R
判定
詳細はコチラ
×マルロン・ヴェラ(エクアドル)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday