この星の格闘技を追いかける

【UFC180】個性派?ロドリゲスがTUF Latin Americaフェザー級を制す

<TUF Latin Americaフェザー級決勝/5分3R>
ジャイー・ロドリゲス(メキシコ)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
レオナルド・モラレス(ニカラグア)

サウスポーのモラレスが左のヒザ蹴り、左ミドルから距離を詰める。ロドリゲスは右のオーバーハンドから組みつくと、一気に四つ組みからテイクダウンしてマウント、バックとポジションを変える。そしてモラレスの動きに合わせて腕十字を狙い、外されるとすぐさま足関節を仕掛ける。ここでレフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドで再開となる。再開後、ロドリゲスはバックヒジやカポエイラキックを見せて会場を沸かせる。モラレスも左ミドルと左フックで攻め込んだ。

2R、トリッキーな動きからテイクダウンを狙うロドリゲス。サイドキックからダブルレッグに入ってモラレスをテイクダウンすると、立ち上がるモラレスをすぐさま寝かせて、トップキープ。一旦、立ち上がると寝ているモラレスのボディに浴びせ蹴りを繰り出し、モラレスの足を取って足関節を狙う。これを外されたロドリゲスだが、しつこく下からモラレスの右足に絡みつき、モラレスが立ち上がると顔面にかかと落としを見舞い、ヒールホールドを狙った。

3R、打撃でプレッシャーをかけるモラレスだが、ヒザ蹴りがローブローとなってしまう。再開後、パワフルな左ミドルで前に出るモラレス。ロドリゲスも左右のロングフックを返し、打撃戦が続く。すると今度はロドリゲスの蹴りがモラレスの下腹部に当たり、ロドリゲスがローブローの反則をとられる。再開後、ロドリゲスがスーパーマンパンチで飛び込み、組みの攻防になるとモラレスが投げ捨てる。すぐに立ち上がったロドリゲスはワンツー、ハイ、バックキック。二段飛びヒザ蹴りを繰り出すなど、スタンドでもトリッキーな技を見せてモラレスにペースを掴ませない。終了直前、モラレスも左ストレートと左ハイを見せるがクリーンヒットしない。

3R通じて個性的な動きを見せたロドリゲスがTUF Latin Americaフェザー級を制した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY