この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC09】ステップと前蹴り、ジャブ。2度のテイクダウンでエスキベルがリベラを完封

<女子アトム級/5分3R>
ジョディ・エスキベル(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ニクダリ・リベラ(米国)

素早いミドル、ローの応酬からエスキベルがワンツーを放つ。続いてエスキベルは右オーバーハンド、リベラのワンツーには距離をスッと取る。蹴りを交えて間合いを測る両者、動きが多いのはエスキベルだ。近距離でショートを連打するリベラに対し、エスキベルは踏み込んで左ジャブを打ち込む。さらに右を打ち込んだエスキベルをリベラの拳は捉えることができない。残り1分、組み付いたリベラがハイクロッチからダブルで押し込むもテイクダウンは奪えない。エスキベルは距離を取り直すと、左前蹴りをヒットし、右ハイを続けた。

2Rもエスキベルの動きの多さが目立つなか、ショートのワンツーが決まる。打ち合わない打撃を続けるエスキベルに、リベラは右ヒジ、ローを繰り出すが距離は合っていない。右ミドルから右サイドキックと距離を取ることに長けているエスキベルを、リベラは切り崩せない。エスキベルは右ストレートからボディにパンチを伸ばす。動きは多いが、フェイクが大半のエスキベルにリベラがワンツーを放つが、距離を詰め切れない。蹴り終わりにリベラが右フックを打ち込んだが、エスキベルがダブルレッグでテイクダウンを奪う。

スコアリングに徹し切っているのか、自らスタンドに戻ったエスキベルがステップで間合いを外したところで2Rも終わった。最終回、これまでの2回よりは前に出ていくリベラだが、エスキベルがステップと前蹴りで距離を保つ。そしてワンツーを入れたエスキベル。前蹴りをキャッチしたリベラだったが、テイクダウンは奪えない。と、中盤にエスキベルがダブルレッグを一発で決める。今度は寝技を仕掛けたエスキベルは、リベラが立ち上がるに任せてスタンドへ。左フックを蹴り込んで、残り30秒でダブルレッグに出たエスキベルに対しリベラがギロチンへ。そのまま時間切れを待ったエスキベルが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY