この星の格闘技を追いかける

【UFN54】圧巻の左アッパー。マクドナルドがサフィジーヌを破り、王座挑戦をアピール

<ウェルター級/5分5R>
ローリー・マクドナルド(カナダ/2位)
Def.3R1分28秒by TKO
タレック・サフィジーヌ(ベルギー/9位)

サフィジーヌにブーイング、マクドナルドに大声援が送られるなか試合がスタート。サウスポーに構えたサフィジーヌにマクドナルドが右ストレートを伸ばす。サフィジーヌはボディストレートから、ジャブにカウンターを合わせようとする。マクドナルドは前蹴り、サフィジーヌはオーソへ。すぐにサウスポーに戻したかと思えば、またオーソと目まぐるしくスタンスを変えて戦う。マクドナルドは左ジャブから右ロー、さらに左を伸ばす。

サフィジーヌもローを入れるが、マクドナルドは右ストレートをヒットする、軽くテイクダウンの仕掛けを織り交ぜ、右前蹴りとマクドナルドらしさを見せ始める。パンチが増えるとすかさずテイクダウンにも成功する。右腕を差して立ち上がったサフィジーヌは残り25秒になって、ようやく重い右ローを連続で蹴り込んだ。

2R、マクドナルドはワンツーからスリー&フォーまで見せる。サフィジーヌのアッパーをバックステップ、続く右ローは受けるマクドナルド。サフィジーヌは右ローを入れ、構えを変えて前蹴り。マクドナルドは右ローをチェックする。サフィジーヌは左に右を合わせ、右ローから左ローを繰り出す。蹴り足をキャッチにかかったマクドナルドだが、取れない。マクドナルドは右を打ち込むと、距離をやや詰めて右前蹴りへ。続いて左ジャブをダブルで決めると、左ジャブ。それほど被弾していないように見えるサフィジーヌだが、かなり目の周囲に傷が目立ってきた。

3R、サフィジーヌが左ハイ、マクドナルドのテイクダウン狙いを防御し、右ローから左ローを入れる。右ローを続けるサフィジーヌ、マクドナルドもローにカウンターの右を合わせようとする。ジャブからサフィジーヌの左に右クロス、間髪入れず左アッパーを放ったマクドナルド。この一発でサフィジーヌが前方に崩れ落ちる。クォーターからパウンドを連続で落としたマクドナルド、レフェリーが試合を止めた。ピンポイントの左一発で一瞬にして試合を決めたマクドナルドは、ジョニー・ヘンドリッグス×ロビー・ローラー戦の勝者に挑戦したいと改めて口にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie