この星の格闘技を追いかける

【速報】王者アルドが完勝、トーレスは復活の一本勝ち

9月30日(木・現地時間)、米国コロラド州ブルームフィールドの1stバンク・センターでは、WEC51「ALDO vs GAMBURYAN」が開催された。

豪華カードがズラリと並んだ今大会。強すぎる王者ジョゼ・アルドが、マニー・ガンバーリャンを迎え撃つWEC世界フェザー級選手権をメインイベントに、ジェイミー・バーナー、ミゲール・トーレス、マイク・ブラウンというライト級、バンタム級、フェザー級の元世界王者が参戦、ブラウンはコール・プロヴァンスと肩慣らし的なファイトになるものの、バーナー&トーレスは、それぞれドナルド・セラーニ、チャーリー・バレンシアとタフマッチ必至の一戦に臨む。

そのメインでは、アルドがまたしても圧倒的な強さで王座を防衛。序盤こそ、パンチを振るって前に出るガンバーリャンの様子をうかがう立ち上がりとなったが、ローでペースを掴むと、2Rには右アッパーでダウンを奪い、速射砲のようなパウンドで決着を付けた。

また、セミファイナルでは、昨年1月のライト級王座戦で敗れているセラーニが、1R終盤にパンチでダウンを奪うと、終始ケージジェネラルシップを握る見事なゲームコントロールでバーナーへのリベンジに成功。トーレスはバレンシアからパンチとニーでダウンを奪い、最後はリアネイキドチョークで一本勝ち。昨年8月、ブライアン・ボーウルズに敗れ、バンタム級王座転落後、ジョセフ・ベナビデスに一本負けを喫していたが、約1年半振りに勝ち名乗りを挙げた。

その他にも、ブラウンはプロヴァンスに78秒でTKO勝ち。中国人ファイターとして初のWECデビューを飾ったヂャン・ティェカンは、パブロ・ガーザにギロチンで快勝している。

■関連リンク
【WEC51】元世界王者3人出場、メインはP4P=アルド
【WEC53】2010ファイナルはライト&バンタム級世界戦で

“Best of WEC”DVDリリース!
2009年ベストバウト=WEC世界ライト級暫定王座決定戦ベン・ヘンダーソン×ドナルド・セラーニ&WEC世界バンタム級選手権ミゲール・トーレス×水垣偉弥 他、2008年-2009年のWECベストファイトを完全収録! [詳細はコチラ
第11試合 WEC世界フェザー級選手権試合/5分5R
[王者]
○ジョゼ・アルド
(ブラジル)
2R1分33秒
TKO
詳細はコチラ
[挑戦者]
マニー・ガンバーリャン×
(米国)
第10試合 ライト級/5分3R
×ジェイミー・バーナー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ドナルド・セラーニ○
(米国)
第9試合 バンタム級/5分3R
○ミゲール・トーレス
(米国)
2R2分25秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
チャーリー・バレンシア×
(米国)
第8試合 フェザー級/5分3R
×ジョン・チャンソン
(韓国)
2R1分30秒
TKO
詳細はコチラ
ジョージ・ループ○
(米国)
第7試合 フェザー級/5分3R
○マーク・ホーミニック
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
レオナルド・ガルシア×
(米国)
第6試合 ライト級/5分3R
○ヂャン・ティェカン
(中国)
1R2分26秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
パブロ・ガーザ×
(米国)
第5試合 ライト級/5分3R
○マイク・ブラウン
(米国)
1R1分18秒
TKO
コール・プロヴァンス×
(米国)
第4試合 ライト級/5分3R
○クリス・ホロデッキー
(カナダ)
3R終了
判定
エド・ラトクリフ×
(米国)
第3試合 フェザー級/5分3R
○ディエゴ・ヌン
(ブラジル)
3R終了
判定
テイラー・トナー×
(米国)
第2試合 バンタム級/5分3R
○アントニオ・バヌエロス
(米国)
3R終了
判定
チャド・ジョージ×
(米国)
第1試合 バンタム級/5分3R
○デミトリウス・ジョンソン
(米国)
3R終了
判定
ニック・ピース×
(米国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday