この星の格闘技を追いかける

【Pancrase312】テイクダウンからバックコントロールで近藤を支配した村山が3-0の判定勝ち

Murayama【写真】バックを取ると態勢を変えられることなく、コントロールし続けた村山が近藤を破った(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<ウェルター級/5分3R>
村山暁洋(日本)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
近藤有己(日本)

ジャブからローを蹴る近藤、村山はジャブを叩いて右ストレートを狙う。左ジャブを当てた村山はローの蹴り合いから、左ミドルを蹴られながらキャッチしてテイクダウンを奪う。一気にバックに回りワンフックで襷掛けに入り、鉄槌を入れた村山は残り2分でパンチの数を増やす。前方に落とされそうになるとフックを解いて、バックコントロールへ移行した村山に対し、近藤は後方に倒れこまれ両足のフックを許すが、絞めにはセットアップさせずに初回を戦い切った。

2R、ジャッジ3者の支持を得た村山に、近藤が左クロスから右をヒットさせる。村山は下がりながら左フックを振るって組みつくと、ケージに近藤を押し込む。小外掛けでテイクダウンを奪われ、バックにつかれた近藤は腰をずらしスクランブルへ。ヒザ立ちで断ち切れない近藤から村山は両足をフックしに掛かる。村山は立ち上がった近藤にボディロックを続け前方にテイクダウン、そのまま両足をフックする。近藤は正座で耐え、胸を合わせにいくとところで鉄槌を纏められ、この回も3票とも失った。

最終回、左ストレートから左ミドルを蹴った近藤。2発目をキャッチした村山がシングル&大内でテイクダウンを奪う。バックを譲って立ち上がる近藤だが、ヒザを顔面に受けまたも前方に崩される。ケージと近藤の間に入り込みつつパンチを打っていく村山が左腕で絞めに入る。ヒジを押し、上を向こうとした近藤の背中に回った村山は両足をフック。

暴れる近藤の背中についたまま鉄槌を入れる村山は、最後の20秒でパンチの勢いを増してタイムアップに。寝技でコントロールし続けた村山が、フルマークの判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie