この星の格闘技を追いかける

【EJJC2020】ルースター級準決勝、橋本知之が澤田伸大に対しアドバンテージ3のパーフェクトゲーム

21日(現地時間・火曜)から26日(同・日曜)にかけてポルトガル、リスボンにあるパヴィラォン・ムルチウソス・ジ・オジヴェラスにてIBJJF(国際柔術連盟)主催のヨーロピアンオープン柔術選手権が開催された。

ヨーロッパを中心に、各国から強豪が参戦するこの大会。レビュー第2回は、世界選手権にも匹敵するほどの超激戦区となり、さらに日本人選手も3人参戦したルースター級準々決勝から日本人対決の模様をお届けしたい。


<ルースター級準々決勝/10分1R>
橋本知之(日本)
Def. by 0-0 アドバンテージ 3-0
澤田伸大(日本)

昨年の世界選手権2回戦に続き、またも序盤で当たってしまったふたり両者。前回は橋本がバックを奪い4-0で完勝しているが、澤田も昨年末のノーギワールズで世界的強豪ルーカス・バルボーザと紙一重の接戦を繰り広げる等、確かな成長を見せており、より競った試合となることが予想された。

試合開始すると、ともに引き込んでダブルガードに。そのまま両者とも下を譲らずにブレイクが入る。

再開後、もう一度ダブルガードとなるが、ここで橋本が上攻めを選択してアドバンテージを獲得。澤田は橋本の右足に内側から自らの右足を絡め、左でスパイダーを作る。橋本は巧みにスパイダーグリップを外すと、澤田の右足を押し下げて自らの右足で潰す形で絡みを解除し、左に回ってのパス攻撃。が、澤田は左足のシールドと両手のフレームで距離を作って防御する。

さらに低い体勢で圧力をかける橋本は、澤田の左足を上半身で潰して左に回り続けてのパスで攻める。3分過ぎ、橋本は上四方に回りかけるが、澤田はインヴァーテッドを使って戻す。この攻防で橋本がアドバンテージを獲得した。

さらに攻撃を仕掛ける橋本は、絡めてくる澤田の右足をニースライスで潰しながら左にパス。再びインヴァーテッドで対処する澤田。以後も、澤田の右足を右足でマットにつけるようにうまく殺しては、左にじっくりパスで侵攻する橋本と、フレームと左足のシールドでそれを凌ぐ澤田の展開が続いた。

トップから攻勢をかけ続ける橋本は、澤田の体を二つ折りにして体重をかける。澤田は思うように動けないまま、残り時間が2分、1分と減ってゆき、橋本にまたひとつアドバンテージが追加された。残り20秒、橋本が距離を取ると、澤田も立ち上がる。後のない澤田は前に出てテイクダウンを仕掛けるが、橋本は落ち着いてそれを止めてから引き込む。巧みに失点を回避したまま橋本に対し、澤田は最後の望みをかけて足を取りにいくが、橋本が極めさせず試合は終了した。

あえてトップを選択した橋本が終始攻勢に出て、澤田にほとんど攻撃する場面を作らせずに快勝。前回のように澤田から明確なポイントを奪うことこそできなかったが、ガードゲームを封印してなお危なげなく勝利を掴んだことで、地力の差を見せつけた。

こうして橋本は、準決勝=昨年の世界柔術の準々決勝で敗れているクレベル・ソウザとの再戦に辿り着いたのだった。

PR
PR

関連記事

r t One02

Movie