この星の格闘技を追いかける

【UFN159】ロドリゲス✖スティーブンス──メインイベントがアイポークで15秒ノーコンテストに

<フェザー級/5分5R>
ジャイー・ロドリゲス(メキシコ)
NC.1R0分15秒
ジェレミー・スティーブンス(米国)

試合開始直後からスピーディーな蹴り、パンチの交換が見られたと思った刹那、ロドリゲスにアイポークがあり試合が中断される。左目が開かないスティーブンス。レフェリーは5分間のインターバルを規定通り与えるが、スティーブンスは目を抑えたままだ。5分を経過したが、ドクターは目が開かないとしして試合続スティーブンスは試合続行不可能だとレフェリーに伝える。ノーコンテストの裁定にオクタゴンに目掛け、ファンからペットボトルが投げ込まれ騒然となる。

この事態にロドリゲスは「2人ともハードトレーニングを積んで、皆がお金を払って試合が実現したのに申し訳ない。ジェレミーが復調したら、また戦う。誰だろうが、トップファイターと戦う。メキシコ万歳」と最後は叫び、手を合わせた。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie