この星の格闘技を追いかける

【AJJC2019】今週末開幕、アジア選手権の見所─02─語ってフィクサーS 「世界3位が来てしまいました」

Barros【写真】ムンジアル・ライトフェザー級3位のバホスが今年はアジアにやって来る (C)MMAPLANET

13日(金)から15日(日)にかけて、東京都足立区の東京武道館でIBJJF主催アジア柔術選手権が開催される。

MMAPLANETでは恒例となったJBJJF首脳に尋ねる──アジア選手権の見所。『語って、ハマジーニョ』もブラジリアン柔術界の変化に伴い、今年はフィクサーSが矢面に立ち取材を受けてくれることとなった。

フィクサーSの推し柔術家を頭に入れて土曜日を迎えてほしい──アジア選手権アダルト黒帯の展望だ。

<浜島邦明&新明佑介対談Part.01はコチラから>


──浜島さんの身の振り方の報告を受けたところで、フィクサーSからまずアダルト黒帯男子の見所を説明していただけますか。

新明 軽い階級からいくとルースター級はトライフォースから芝本幸司、澤田伸大、そしてトライフォース・インターナショナルからイ・ギョンソプと3人が出場します。橋本知之選手はライトフェザー級にエントリーはしているのですが、体調不良で欠場するのではないかということです。ということでルースター級は、トライフォースがクローズアウトを狙っているという状況ですね。

──トライフォースはインターナショナルから出場の韓国人選手とも試合をしないということですか。

新明 ハイ、そうなるかと思います。

──柔術が世間に広まるために撤廃しないといけない、悪しき習慣をトライフォースも踏襲するということですね。

新明 ……。

浜島 トライフォースは海外の支部が増えていますからねぇ。

──インターナショナルとはクローズアウトは禁止ルールを創りましょう!!

浜島 インターナショナルと本部は当たりますよ。あっ、でもやらないんだ!! 

新明 ハイ。

──そこは柔術普及のためにやるんだという姿勢を日本から見せて欲しいですね。

新明 ハイ。

──適当な……(笑)。準決勝2試合、決勝とクローズアウトとなれば今年のムンジアル黒帯ライトフェザー級のシセロ・コスタ勢がそうでしたが、まぁアカデミーとしては最高の瞬間なのでしょうが……。

浜島 それは道場の方針ということで……。

──楽しみなのは、そうはさせないこと。ストップ・ザ・トライフォースを渡辺翔平、吉岡正幸の両選手に期待したいですね。

新明 となると澤田は渡辺選手と勝ったり負けたりだったのが、負けたり負けたりになっていますからね。

浜島 そうなんだ。渡辺君は以前は澤田君に一本負けしていたけど、それが勝てるようになって強くなっているんですねぇ。

──準決勝2試合、決勝戦と見たいので渡辺選手と吉岡選手に頑張ってもらいたいです。

新明 ハイ。

──また力のない「ハイ」が出ました(笑)。続いてライトフェザー級、残念ながら橋本選手の欠場が濃厚だということですが。

新明 鍵山士門、山田秀之、宮地一裕、平尾悠人という常連のなかに横山大鋳選手がチャレンジする形ですかね。大鋳選手は全日本フェザー級優勝の横山武司選手のお兄さんですね。なんといっても注目はMMAPLANETにインタビューも掲載されたムンジアル茶帯フェザー級3位ジエゴ・エンリケ選手でしょうね。

茶帯の活きの良い選手が、黒帯の現行勢力が残っている間に昇格し、世代を超えた活躍ができるのか。MMAPLANETの方でも去年から焦点を当てていただいていた柔術界の動向ですし。そこにジエゴ選手が出てきた。とても楽しみです。あとは韓国のソン・ヒョングもなかなか強い選手です。

その反面、フェザー級には横山弟こと、武司選手のエントリーが見られなくて、準優勝の八巻祐選手も出ていないですね。

──なんと全日本の1位と2位の出場がありませんか。

新明 そうなんです、残念です。ただし加古拓渡選手、塚田市太郎選手という両ベテランに加え、所属先が変わった山中健也選手が出場します。そして何といっても今年のムンジアルでライトフェザー級3位だったチアゴ・バホスがエントリーしています。

──ムンジアルでは嶋田裕太選手に勝ったアレッシャンドリ・ソドレやガブリエル・ソウザに勝利し、シセロ・コスタの表彰台独占に貢献しています。

新明 ハイ。世界3位が来てしまいました。断トツの強さを見せるのではないかと思います。大塚博明選手も含め、日本勢が一矢報いることができるのか。逆にバホスと戦うことを楽しみにしてほしいです。それと豪州の柔術界のパイオニアであるピーター・デビーンの息子マックス・デビーンも2年振りですかね、やってきます。彼も強い選手ですから、日本勢がどう戦うかですね。

──続いてライト級の見所をお願いします。

新明 彼もMMAPLANETでインタビューが掲載されていますが全日本王者の毛利部慎佑選手、その全日本決勝で名勝負を繰り広げたクレベル・コイケ選手に続き、世羅智茂選手がどう対抗するのか。

浜島 森戸新士選手もいますね。

──おっ、友情出演の浜島さんから一言入りました。

浜島 関西を席巻していて、よく会場で見ていた選手なので。地方で頑張っている選手にもぜひとも頑張って欲しいですね。

──外国人選手率が高くなってくるミドル級の方はいかがでしょうか。

(C)TAKASHI IGA/QUINTET

(C)TAKASHI IGA/QUINTET

新明 その外国勢で2月のQUINTETに出場したデクラン・ムーディーがボンサイ・アソシエーション・オーストラリアから出場します。黒帯でアジアは初めてだと思いますが、クインテット以降に豪州での大会でなかなか結果を残しています。

それと新見吉太郎選手はレフェリーもしているし、元MMAファイターで道着に積極的にトライしてくださって。個人的にも応援させていただいている選手です。全日本準優勝の高本裕和選手もそうですね……あっ、ここも全日本優勝の渡辺和樹選手が出ていないですね。

──クインテット推しの新明さん的にはやはりムーディーが優勝候補でしょうか。

新明 クインテット推しというのは、聞いたことはないのですが……(汗)。GFT所属でワールドマスター優勝のジェイク・マッケンジーが優勝候補だと思います。トライフォースでセミナーも開いてもらったことのある柔術家ですが、強いです。

ここから重いクラスはミディアム・ヘビー級は本命がトーマス・ミッツ、対抗が井上啓太選手ですね。グランド・コア所属、柔道ベースで日本期待の重量級柔術家です。

──重量級ではキーナン・コーネリアス、カイロン・グレイシーという大物の来日があったアジア選手権ですが、今年はいかがでしょうか。

新明 今年はミディアム・ヘビー級でベスト8止まりだったのですが、昨年の道着&ノーギの世界王者のルーカス・バルボーザがまたやって来てくれます。

──おおアジア2連覇を目指すわけですね。

新明 今年はヘビー級からスーパーヘビー級に上げての出場ですね。

浜島 バルボーザはワールドマスターの中で行われたIBJJF GPに出てサイボーグ・アブレウに準決勝で負けてしまっていますが、積極的に試合に出ている選手ですね。

──おお、浜島選手からルーカス・バルボーザに反応があるとは!!

新明 本当にそうですね。しかも良く知っていますし。

浜島 バナーを作成するのにIBJJFのロゴを抜きだそうとしていたら、サイボーグ凄く喜んでいる映像が出てきて思わずチェックしてしまったんです(笑)。そもそも僕がバナーのデザインをしているという話ですよ(苦笑)。

──分業が進んでいるJBJJFの実態が伝わってきました(笑)。

<この項、続く

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie