この星の格闘技を追いかける

【UFN156】KO必至のパンチャー対決は、タフな削り合いとなりルケがペリーに2‐1で勝利

<ウェルター級/5分3R>
ヴィセンチ・ルケ(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
マイク・ペリー(米国)

ルケ、ペリーのKO必至対決。勢いのある右が交錯し、ルケが左ローを入れる。右ストレートを当てたペリーは、頭を振って右の機会を伺う。ペリーハイキック、左ロー、左フックと手数を出し、ルケの前進に右を打っていく。右をよけて左を伸ばしたルケは、左ミドルに続き左ハイをガードの上から受けて一旦下がる。それでも左ジャブから右ローを当ててルケが、前に出るとペリーが左を思い切り振るう。左を当てたペリーは、ケージの前を左に回る際に飛びヒザを受けそうになり、前進を左ジャブで止められる。

それでも左フックで前に出るペリーに対し、ルケはワンツー。残り30秒、ペリーが左フックを連打しガードの上から左右のフックを打ちこむ。下がったルケは初回を失ったか。

2R、サウスポーに構えたペリーが左ストレートを見せ、ルケのワンツーに組んでケージに押し込む。ペリーは左エルボーを放ち離れると、左にルケがカウンターを合わせる。左の相打ちから右ストレート、右ローを入れたルケに対し、ペリーがボディフックを入れ左ジャブから左フックを狙う。ルケもスイッチを織り交ぜて戦うが、ペリーがガードの隙間からアッパーを突き上げる。ルケも右ストレートを打ちこむも、ここでペリーは下がらず前に出てくる。右から左ショートアッパーを入れたルケが、左ローに続き左ジャブを連続で当てる。ペリーは右を返し、カットで血が滴り落ちる両者の戦いは3Rへ。

最終回、ルケが左ハイ、右ローを蹴る。ペリーも左ローを返しテンカオ。ならばとルケが右ローを蹴り、ベリーは右フックを放つなど、試合はキックボクシングでのプレッシャーの掛け合いに。ペリーはここでシングルからレッグリフト、ウィザードで耐えたルケを両差しに捕える。ここから細かいヒザを見せたペリーだが、テイクダウンは奪えずブレイクが命じられる。

ルケの左ローに続く、右ヒザをキャッチしたペリーがついにテイクダウンを奪う。ギロチンに親指を立てたペリーだが、ヒザで鼻を折り大流血。返り血でボディが真っ赤に染まるなか、ルケはギロチンを続ける。残り30秒で頭を抜いたペリーがパウンド、蹴り上げにスタンドに戻ったところでタイムアップに。

試合後の顔を見ればダメージが少ないのは明らにルケ。ただし、勢いのあるパンチ(精度ではなく)はペリーが多かった。果たして──ジャッジの裁定は割れ、ルケが勝利を手にした。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie