この星の格闘技を追いかける

【Pancrase306】手塚裕之がリアネイキドチョークで高木からタップを奪う、暫定ウェルター級KOPに

Tezuka vs Takagi【写真】スタンドでしっかりとセットアップし、最後はグラウンドに持ち込んでタップを奪った(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<ウェルター級暫定KOPT/5分5R>
手塚裕之(日本)
Def.1R3分36秒by RNC
高木健太(日本)

サウスポーの高木が左ローを2発入れる。高木はローを続けるが、両者が踏み込み手塚の左がヒットする。動きが一瞬止まった高木は、ハイを避けてローを繰り返す。ローで体が流れた手塚は、飛び込んで左フックを当てる。さらに左から右を振るいつつ、足を効かされた手塚がダブルレッグを決める。ハーフで抑えた手塚は、枕で固めてトップキープする。高木のブリッジにバックを取った手塚は、立ち上がられても足をフックしてRNCに捉える。そのまま寝技に持ち込むと高木がタップし、手塚が暫定ウェルター級KOPに輝いた。

「とても嬉しいです。色んな人に迷惑をかけたので。チームのみんな、オヤジとカアチャンにお礼が言いたいです。総合なので……山田道場は寝技が強い人がいっぱいるので、僕も寝技ができるよというのを見せたくて実は狙っていました。ONEチャンピオンシップ、出させていただければトップを目指したいです。求められればどこでも、やります」と新チャンピオンは語った。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie