この星の格闘技を追いかける

【WJJC2019】ライトフェザー級、山田秀之。実力者のスコアリング柔術の前に──

Hideyuki Yamada【写真】10分間の駆け引きが永遠のように感じられた山田の2019年ムンジアルだった(C)MMAPLANET

5月30日(木・現地時間)から6月2日(日・現地時間)にかけて、米国カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、IBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権が行われた。競技柔術世界一を決定するこのムンジアル・レビュー第7回はライトヘビー級に出場した山田秀之(トライフォース)の戦いを振り返りたい。


01<ライトフェザー級2回戦/10分1R>
ペドロ・クレメンチ(ブラジル)
Def. by 2-0
山田秀之(日本)

今年のヨーロピアンで嶋田裕太に勝利した難敵、クレメンチに引き込まれた山田は、ヒザを入れてのパスガードを狙う。クレメンチは山田の踵を掴んで後ろに崩すが、山田も腕をポストして耐える。と、ここでクレメンチは山田をクローズドガードに捕獲した。山田はポスチャーをとって、クレメンチの上半身に腕でプレッシャーをかけてガードを開けにかかるが、長い足を持つクレメンチはそれを許さない。ならばと山田が立ち上がると、クレメンチはすかさず山田の足を掬って崩す。なんとか体勢を立て直す山田だが、クレメンチのガードを攻めあぐねている。

5分経過後、クレメンチは右腕を山田の左ヒザ裏に通して抱えると、引き出した山田のラペルを掴んで角度をつける。ここで山田が再び立ち上がると、そこでガードを開いたクレメンチはシットアップから山田を後ろに倒して2点先制した。

02クレメンチは担ぎからのパスを狙うが、山田が防ぐと距離を取る。山田がシッティングに入りると、クレメンチは軽快なステップから側転を見せるが、そこからパスにつなげずに再び距離を取る。山田もまたクレメンチの右足にデラヒーバで絡むが、クレメンチは腰を引いてまたしても距離を取る。

完全に逃げ切り体勢のクレメンチに対し、山田は再び足を絡めるが、ここでクレメンチは巧みに山田の右足を押さえつけて左にパスの仕掛け。山田がエビで逃れて両者場外に出ると、クレメンチにアドバンテージが与えられた。

03残り2分からの再開。シッティングを取った山田は、腰を引くクレメンチの右足を掴んで伸ばし、両足を絡めて崩しにゆくが、防御に徹するクレメンチは距離を取って離れる。さらにシッティングから前に出る山田だが、クレメンチは腰を引きながら、絡んでくる山田の左足をかついで体重をかけ、やりすごして試合終了に。

04必要最小限だけ攻撃してポイントを取ると、あとはまともに攻防しようとすらしないクレメンチにしてやられた山田。実力者がこういう戦いをしてくるところに、世界大会の奥深さが垣間見える。そして山田はそこを切り崩すために、また道場に戻って自らを研磨するしかない。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie