この星の格闘技を追いかける

【WJJC2019】ライトフェザー級、そびえ立つ頂を目指した──嶋田裕太は初戦でソドレに完敗

Yuta Shimada【写真】果たせない頂を越えに本気に取り組む人間に対し、頂はさらに高くなる(C)MMAPLANET

5月30日(木・現地時間)から6月2日(日・現地時間)にかけて、米国カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、IBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権が行われた。競技柔術世界一を決定するこのムンジアル・レビュー第6回はライトフェザー級でメダル獲得が期待された嶋田裕太(ネクサセンス)の戦いの模様をお届けしたい。


01<ライトフェザー級2回戦/10分1R>
アレクサンドロ・ソドレ(ブラジル)
Def. by 8-2
嶋田裕太(日本)

嶋田の初戦の相手は、22歳にして今年のブラジレイロでジョアオ・ミヤオからパスを奪って完勝し、準優勝に輝いた新星アレクサンドロ・ソドレ。嶋田はそのブラジレイロの準々決勝でソドレに敗れており、今回は雪辱戦となる。大会直前のインタビューでも嶋田は「先のことは考えず、ソドレに勝つことしか見ていない」と語っていた。

02試合開始後、嶋田が前に出るとソドレは無理せず引き込む。ラッソーを作るソドレに対し、ワキを締めて対処する嶋田。その後動きがなく、両者にペナルティが宣告された。強固なラッソーのグリップを利用して、嶋田を右に後ろに崩しにかかるソドレ。しかし嶋田はその度にバランスを持ち直す。やがて嶋田も左方向にパスを狙うが、ラッソーを保つソドレはしっかりついてゆき嶋田の正面のポジションを失わない。

03やがて嶋田はソドレの右足を押し下げてのパスを狙い。ここでソドレは左足のラッソーを利用して、嶋田を後ろに崩すカウンターのスイープ。これで見事に嶋田を倒したソドレが上になって2点先制した。

04嶋田は下になりながらもソドレの右足にハーフで絡む。ソドレは絡まれた右ヒザをニースライスで抜きに行くが、嶋田も絡み続ける。体勢を崩されたソドレが上からトーホールドを狙ったところで、両者は場外に。これで嶋田は下からポイントを返せないまま、スタンドでの再開に持ち込まれてしまうこととなった。嶋田は以前も、この場外ブレイクをめぐる攻防でジョアオ・ミヤオに差をつけられてしまっている。

残り6分半からの再開。ソドレは再び引き込んでラッソーを作る。嶋田は意表をついたアキレス腱固め狙いを見せるが、ソドレが反応するとまた上に戻る。その後ソドレは、またしても左のラッソーを用いて嶋田を後ろに倒すスイープを決め、4-0とリードを広げた。

05下になった嶋田も再びソドレの右足に絡んでディープハーフを作る。ここから嶋田は動き続けてソドレの股間を潜り切って体勢を崩すと、上のポジションを奪取して2点を返してみせた。

06しかし、シーソーゲームではポイント的に差は縮まらない。嶋田はスイープのカウンターアタックを承知で、パスからの展開を構築する必要する状況になった。結果、動きが大きくなった嶋田に対し、下になったソドレはまたもや左のラッソーを起点にして後ろに倒すスイープへ。3度連続同じ仕掛けだが、これが決まって6-2とした。

07下になった嶋田も、またすぐにディープハーフを作り潜ると、シングルレッグに移行。が、立ち上がったソドレにバランスを保たれたまま場外に出られてしまい、アドバンテージ止まり。嶋田はここでもまた、下から点を返せずにスタンド再開に持ち込まれてしまった。

残り3分。引き込んだソドレに対し、一旦距離を取った嶋田は噛みつきにゆくが、結局ラッソーに捕まってしまう。まず右のラッソーで固めてから左で作るソドレは、今度は素早く嶋田のラペルを引き出すと、それを嶋田の右ヒザ裏を通して外から掴む。嶋田は前方にダイブして体勢を立て直そうとするが、ソドレはラペルグリップを離さない。そこに自らの右足を絡めてさらに強固に嶋田を固定したソドレは、嶋田を後方に倒してスイープ。8-2とリードを広げた。

08残り1分。嶋田は下からソドレの右足を掴むが、ソドレは立ち上がってそれを引き抜くとすぐに嶋田の両足をさばいて左に回ってパス狙い。上四方に回られかけた嶋田は、なんとか動いて正対するが、この動きでソドレがアドバンテージを得た。その後も嶋田は下からソドレの右足に絡んで崩そうとするが、ソドレは後ろに体重をかけて座ることで、試合終了までやり過ごした。

リベンジを期した嶋田だが、ラッソーからの同じスイープを3度決められた上に、自らの下からの攻撃は場外ブレイクで遮断されての完敗となった。考えてみれば、ラッソーからの仕掛けやそこからラペルを絡めたスイープ、そして場外ブレイクの巧みな利用というのは、嶋田がジョアオ・ミヤオにさんざんやられて、やがて対応できるようになった課題だったはず。その嶋田を相手にこの種の攻撃や戦略を立て続けに成功させたところからも、ブラジル新世代ソドレの技術の完成度の高さが分かるというものだ。

また、嶋田がソドレのガードの前にほとんど攻撃ができず、防戦と失点を余儀なくされたのに対し、ソドレのほうが終盤に嶋田の足をさばいてニアパスまで持ち込んだことも見逃せない。見事なガードゲームで完全に嶋田のトップゲームを上回ったソドレは、嶋田のガードゲームを脅かすトップゲームをも見せつけた。この両者の違いの一つにソドレにはノヴァウニオンの指導者がマットサイドの観客席に張り付いて、指示を送り続けたことも関係しているだろう。

残念ながら嶋田にこの環境はなかった。彼自身が選択した道だが、少なくともLAに入ってからは1人で世界と伍している。この環境の違いこそ、米国勢やブラジル軍団と少なくない日本人選手たちの差にもなっているのは事実だ。嶋田や日本人選手が相対する強豪たちは、その土壌を持っている。ソドレや、先日のワールドプロでジョアオ・ミヤオに競り勝ったやはり22歳のガブリエル・ソウザ等、恐るべき力を持ったブラジル新世代が台頭しているライトフェザー級。これからNYのマルセロ・ガウッシア道場で修行に入る嶋田が目指す頂点は、果てしなく高いところにあるといって間違いない──だけに技術とともに、MGいやアリアンシの一員として周囲に認められライバル勢と同じ環境を手にすることにも努めてほしい。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie