この星の格闘技を追いかける

【PFL2019#03】UFC4連勝&通算10勝0敗だったジョンソンがグリシンに敗れ、初黒星

<ライトヘビー級/5分3R>
マキシム・グリシン(ロシア)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ジョーダン・ジョンソン(米国)

LFAライトヘビー級王者からUFCと契約し4連勝だったジョンソンだが、「勝っても次がどうなるのか分からないのはおかしい。確かな将来のため」にPFLへ。その初戦でロシアのグリシンと対戦。左ジャブを伸ばすジョンソンは、スイッチして左ミドル。オーソに戻して左ジャブを当てる。

グリシンの右の蹴りをキャッチしてテイクダウンを奪ったジョンソンは、三角絞めを防いでクローズの中からパンチを落とす。ジョンソンは立ち上がったグリシンをケージに詰め、左右のフックを当てて再び組みつく。離れたグリシンは左ハイ。ブロックしたジョンソンは右フックを見せてダブルレッグへ。ケージを背にして耐えたグリシンは、シングルに切り替えてクリンチへ。グリシンはウィザードでバックを許さず、試合は打撃の間合いに。ジョーダンは左を当てて圧力を掛けると左ミドルを入れる。グリシンはワンツーを返し、右前蹴りをボディに当てたところで初回が終わった。

2R、グリシンの左ハイの直後にシングルに出たジョーダンだが、テイクダウンは奪えない。左ミドルから左ジャブ、ここから組んだジョンソンはどうにもテイクダウンを決めることができない。胸を合わせた状態の足払いも耐えたグリシンは、ケージを背にしてのテイクダウンディフェンスに長けており、ダブルレッグを切る。結果、左を当てて離れたグリシンは左リードアッパーを狙う。

ただし、打撃の距離でジャブを当てるのはジョンソンの方でグリシンの左ハイはここもブロックされる。右フックにダブルレッグを合わせたジョンソン、右足を両足で挟み込みパンチを左ヒザをついたグリシンに打っていく。立ち上がったグリシンは右を空振りし、右ハイへ。ここもジョンソンが防ぎラウンド終了を迎えた。

最終回、ジョンソンは左フックを当て、続く左フックからシングルレッグへ。ここもグリシンが防いで離れる。サウスポーの構えを見せたグリシンだが、すぐにオーソに戻す。ジョンソンは右フックを振るってダブルレッグ、ついにグリシンに尻もちをつかせる。ヒザ立ちで耐えるグリシンをボディロックのジョーダン。立ち上がったグリシンが、腰に乗せて投げようとする。

ジョンソンもバランスをキープし、離れてもすぐにケージにグリシンを押し込む。グリシンは逆にシングルに出たが、ジョンソンがパンチを入れて離れる。ここで右を当てたグリシンは、ジョンソンの前進をサイドに回ってかわす。ジョンソンは右オーバーハンド、グリシンは右ストレートを当て、続く右でダウンを奪う。すぐに立ち上がったジョンソンに左右の蹴りを放つグリシン、ここで試合終了に。

初回はジョンソン、最終回はグリシン。2Rのジョンソンのケージに詰める動きが、どのように評価されるか。結果、グリシンが判定勝ちを収めジョンソンは11戦目で初黒星を喫した。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie