この星の格闘技を追いかける

【Bellator224】この2年間をぶつけろ!! ストラッサー起一の新天地初戦は、最高の相手エド・ルースと

Ed Ruth【写真】ストラッサーのベラトール初陣の相手はエド・ルースに決まった (C)BELLATOR

5日(水・現地時間)、7月12日(金・同)にオクラホマ州タッカービル郊外のウィンスター・ワールドカジノで開かれるBellator224でストラッサー起一が、Bellator初戦でエド・ルースと対戦することが明らかとなっている。


UFCリリーズ後、RIZINで北岡悟、住村竜一朗に勝利、再び海外を目指しベラトールと契約したストラッサーの初戦が決まった。ベラトールの伝統といえるネイティブ・アメリカン・ディストリクトのカジノ大会でストラッサーが対峙するルースは、キャリア6勝1敗ながら、既にウェルター級ワールドGPに出場しているトップファイターの1人だ。

先のネイマン・グレイシー戦でキャリアは初黒星を喫し、今回のストラッサー戦が再起戦となるルースはペンシルバニア州立大レスリング部在籍の4年間で、NCAAで3度優勝という快挙を成し遂げている。2014年にレスリング世界選手権のフリースタイル米国代表にもなっており、2015年にベラトールの青田買い路線に乗り契約を果たした。

リオ五輪出場を逃したことで本格的にMMAのトレーニングに取り組むようになったルースは、当然のように抜群のテイクダウン能力を誇り、打撃でもKOする力を有した右の持ち主だ。初黒星となったグレイシー戦でもテイクダウンで試合を支配していたが、初めての4R及び決めきれなかった試合展開に心が折れたかのようにネイマンのRNCに屈した。

この黒星がルースの精神状態にどのような影響を与えているのか。いずれにせよ、ストラッサーとしてはテイクダウンを取られない様に戦う──のではなく、テイクダウンは奪われて然り、それ以前に良い形でテイクダウンを狙わせない形に持ち込むことが重要になってくる。

ズバリ、この2年間磨いてきたボクシングこそストラッサーが打倒ルースを果たす上で彼の最大の武器となる。それも遠い距離ではない、ルースのパンチが届く距離より内側でのボクシングだ。ロングレンジ&クラウチングはルースのレスリング・レンジ。ルースが上体を起こし、重心が少しでも高くなる構えに追い込むボクシングこそストラッサーが、一気にベラトール・ウェルター級戦線で存在感を表すために欠かせない戦いとなる。

当初、決して日本人を重要視していないベラトールの状況を顧みて、欧州シリーズで最高の相手といえるポール・デイリーと初戦を行うという青写真を描いていたストラッサー陣営にとって、デイリーに優るとも劣らない相手と──いや、手堅さでいえばデイリー以上の猛者との初陣はこれ以上ない舞台が整ったといえる。試合開始直後のストラッサーの初弾の勢いが、この一戦、ひいてはベラトールでのキャリアアップを左右することになる。

なお当大会のメインはベラトール世界女子フェザー級王者ジュリア・バッドが、オルガ・ルビンの挑戦を受け3度目の王座防衛戦を行う。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie