この星の格闘技を追いかける

【UFC214】ステーリングがバラォンからバック奪取で圧倒!!

<140ポンド契約/5分3R>
アルジャメイン・ステーリング(米国)
Def.3-0:30-26.29-27.29-28
ヘナン・バラォン(ブラジル)

ハイを見せあう両者。ステーリングはサイドキック、バラォンは左ジャブから右を狙う。蹴り足をキャッチしてテイクダウンしたバラォンに対し、ステーリングが足関節を仕掛ける。右足が伸びるバラォン、鉄槌を落としてヒザを抜くとトップを奪取する。バタフライガードのステーリングは、背中をつかされハーフガードに。フルガードから腕十字、足を払って三角を狙ったステーリング、防御に徹したバラォンだった。

2R、左ジャブを放つバラォン。ステーリングはオーバーハンド、ロー、左ミドルハイを蹴っていく。蹴りでバランスを崩したステーリングにアナコンダチョークを仕掛けたバラォンだが、自ら技を解き打撃戦のなかで組まれてばバックを許す。ステーリングが前方に崩して、バックマウントへ。立ち上がろうとしたバラォンの足を引き寄せて、バックをキープした。

バックマウントをキープしパンチを落とすステーリングが、思い切りエルボーを落とす。思い切り打撃を入れるためポジションキープはルーズになりバラォンはガードに戻るも、そのままパンチを被弾する。三角を潰されたバラォンが担がれ、ガードに戻すもパンチを被弾しながらラウンド終了を迎えた。

最終回、前蹴りを入れたステーリングがワンツーを打ち込み、ダブルレッグへ。ケージに押し込んだ状態はブレイクとなったが、放れるとステーリングがパンチで圧を掛け続ける。体の軸がなくなったバラォンは、アッパーを被弾しケージに押し込まれる。再び、ブレイクが掛かり組み付いたバラォンがバックに回る。

残り15秒でテイクダウンを奪い、バックに回ったバラォンだがステーリングはタイムアップまで試合を流した。判定で圧勝したステーリングはジャマイカ国旗をまとって勝利を喜んだ。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie