この星の格闘技を追いかける

【Bull Terrier Open】ミヤオ兄弟がドミネイト、無差別級

Joao Miyao

【写真】ベリンボロだけでなく、技術的な高さを見せたミヤオ兄弟(写真はジョアオ)。ベリンボロを軸とした展開の広がりも見事だった(C)MMAPLANET

12月28日(土)、静岡県浜松市の浜松武道館で開催された『BULL TERRIER OPEN 2013 IN HAMAMATSU』。パウロ&ジョアオのミヤオ兄弟が参戦したことで注目されたブラジリアン柔術オープントーナメント、2人が揃って出場した無差別級の模様をお伝えしたい。

400人以上の参加があったトーナメントのメイン、黒帯オープンクラスはパウロと中塚靖人との対戦でスタートした。

Paulo vs Nakatsuka<黒帯無差別級1回戦/10分1R>
パウロ・ミヤオ(インパクトBJJ) 
Def.11-0
中塚靖人(リバーサル新宿 Me.We)

試合開始直後にダブルガードの状態となった両者、パウロはベリンボロからバックを取って両足をフックしバックマウントを奪取する。脇を締め、両手をアゴの前でクロスして防御に徹しきる中塚は腕十字を狙われると、ここでガードに戻すことに成功する。パウロは慌てずパスから反転する中塚を捉えて2度目のバック奪取へ。この後も極めは徹底して防いだ中塚だったが、反撃の糸口を掴むことはならずポイントで敗れた。

Joao vs Moreno<黒帯無差別級1回戦/10分1R>
ジョアオ・ミヤオ(インパクトBJJ) 
Def.5分56秒by 送り襟絞め
ジュニオール・モレノ(小川柔術)

ラッソー→デラヒーバフックからベリンボロ、あるいはリバーサル狙いのジョアオに対し、担いで帯を取り立ち上がったモレノ。下ろしてからモレノが展開を作れずにいると、ジョアオが下から煽り続ける。ズボンのウェストを取ってベリンボロからバックを奪取したジョアオが、送り襟絞めでタップを奪った。

Kurimori vs Simazaki<黒帯無差別級2回戦/10分1R>
サダヨシ・クリモリ(インパクトBJJ) 
Def.5分56秒by 三角絞め
嶌埼公次(クラブ・バーバリアン)

まず黒帯になって間もないサダヨシ・クリモリが嶌埼公次と対戦した2回戦。ディープハーフからシングルレッグでリバーサルを決めた嶌埼が先行し、クローズドガードを取ったクリモリがラペラを取って頭を引き寄せる。

Kako vs Paulo頭を下げた嶌埼を三角絞めに捉えたクリモリは、しっかりと頭を両手で押さえて一本勝ちを決めた。

<黒帯無差別級2回戦/10分1R>
パウロ・ミヤオ(インパクトBJJ) 
Def.送り襟絞め
加古拓渡(GSB)

フェザー級ではジョアオにポイント負けまで粘った加古は、パウロにも果敢にベリンボロ狙いでダブルガードの態勢に入る。果敢に横回転で帯を取りにいく加古の上半身を蹴り一度は距離取ってディフェンスしたパウロ、続いてヒザを追って距離を詰めてバックを伺う。加古もしっかりと背中をつけて、足を利かせて再び横回転へ。ズボンの裾を取り合う両者。

ここで帯を取ったパウロが、右ヒザで加古の右ヒザ裏を押し上げて背中に回り込む。回転して逃げる加古からトップを奪い、インサイドハーフから肩固め。半身の態勢から左足を背中に押し込んだパウロが、回転を続け腰をずらす加古の動きに合わせてカラーチョークを極めた。

Tsukada vs Joao<黒帯無差別級/10分1R>
ジョアオ・ミヤオ(インパクトBJJ) 
Def.4分29秒by カラーチョーク
塚田市太郎(ダムファイト・ジャパン)

続いてフェザー級決勝と同じ顔合わせとなったジョアオと塚田。最初のベリンボロの仕掛けを防いだ塚田は、ズボンを持ってパスを狙う。しかし、2度目のアテンプトで塚田のアンクルロックを凌いだジョアオがバックに回り込む。ここからも送り襟絞めを凌ぐ健闘を見せた塚田だったが、最後はパウロがカラーチョークを極め、初戦よりも約5分速くタップを奪った。

準決勝初戦は今回、インパクトBJJから出場したパウロにクリモリが試合を譲り、パウロの決勝進出が決まった。

Yamamoto vs Joao<黒帯フェザー級準決勝/10分1R>
ジョアオ・ミヤオ(インパクトBJJ)
Def.6-0
伊東元喜(柔専館)

ラッソーから即デラヒーバフック、ベリンボロでバックに回ったジョアオ。伊東は立ち上がって距離を取り直す。2度のトライも伊東が防ぐと、ジョアオがクローズドガードを取るシーンも。とジョアオはオモプラッタでアドバンテージを奪うと、立ち上がった伊東にベリンボロ。亀になった伊東を崩して、バックマウントへ。ジョアオが送り襟絞めを狙うと、左手首を両手で掴んだ伊東が、その腕を潜って胸を合せることに成功する。

懸命のディフェンスを見せる伊東は、ベリンボロからリバーサルを許し背後を取られたが、このまま足を一本入れたまま状態で耐えきり、絞めは極めさず。それでも守勢に回ることがなかったジョアオが、6-0で戦うことがない決勝戦進出を決めた。

パウロ、ジョアオともに決勝進出となったが当然のように兄弟対決は行われず、パウロが優勝、ジョアオが準優勝となった。

■BULL TERRIER OPEN 2013 IN HAMAMATSU主な結果

【黒帯フェザー級】
優勝  ジョアオ・ミヤオ(インパクトBJJ) 
準優勝 塚田市太郎(ダムファイト・ジャパン)
3位  小林賢輔(G-Free)、加古拓渡(GSB)

【黒帯ライト級】
優勝  チャールズ・ガスパー(インパクトBJJ)
準優勝 ジュニオール・モレノ(小川柔術)

【黒帯ミドル級】
優勝  パウロ・ミヤオ(インパクトBJJ)
準優勝 杉江大輔 (SAD)
3位  嶌埼公次(クラブ・バーバリアン)、伊東元喜(柔専館)

【黒帯オープン】
優勝  パウロ・ミヤオ(インパクトBJJ)
準優勝 ジョアオ・ミヤオ(インパクトBJJ)
3位  サダ・クリモリ(インパクトBJJ)、伊東元喜(柔専館)

Klever Koike & Alan Yamaniwa【茶帯オープン】
優勝  アラン・ヤマニワ(ブルテリア・ボンサイ)
準優勝 クレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)
3位  チアゴ・シオカワ(クサノ・チーム)、加藤隆弘(パラエストラ岐阜)

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie