この星の格闘技を追いかける

【GRANDSLAM02】モンスタールーキー安藤、レスリングで真価発揮。芦田を破る

Ando def Ashida【写真】大会ベストバウト。体力の限界を超えたような一戦で安藤が判定勝ちを手にした(C)TAKUMI NAKAMURA

<フェザー級/5分3R>
安藤達也(日本)
Def.29-28, 29-28, 29-28
芦田崇宏(日本)

まずは右ローを見せた芦田。距離が近づくと、フックを振るいローを見せる。安藤も前に出ながらパンチを見せるが、ローや前蹴りを受けてしまう。左を振るった安藤がダブルで組みつくが、芦田は尻餅をつきながらすぐに立ち上がる。ケージに押し込み、腕をコンロールしながらテイクダウンを奪った安藤は、四つの芦田をがぶる

切り替えし立ち上がろうとした芦田を肩車のように倒した安藤。ガードを取った芦田はバックを許しながら立ちに行く。起き上がってショートのフックを狙った芦田に安藤のヒザがボディにモロに入る。動きが止まり、足にしがみつく芦田に安藤は鉄槌を連打。芦田は三角絞め、安藤はスラムで叩きつけこれを逃れて、パウンドへ。残り10秒で芦田が再び三角絞めを仕掛け、タイムアップに。

2R、フックを受けながら組んだ安藤。やや疲れたか、ケージに芦田を押し込んで呼吸を整える。離れながら左を放った芦田、安藤もヒザをもらいながらダブルレッグでテイクダウンに成功する。ここでも芦田が三角絞めに入ると、安藤は顔を踏むように頭を抜く。立ち上がった芦田の足を抱えてテイクダウンを取った安藤は、ここでも三角絞めに捉えられる。腕十字に移行した芦田、安藤も懸命に手を引き抜いたが、パンチを受けるなど、劣勢のまま2Rを戦い終えた。

最終回、組まれた芦田が首投げを狙うと、安藤は頭を抜いてバックに回り、そのままテイクダウンへ。芦田はバックマウントを取られるが、胸を合わせてパウンドを連打する。安藤は足を取って起き上がり、再びトップを奪取。立ち上がろうとする芦田をバックコントロールする。後方から鉄槌を入れる安藤、芦田は前転するが上を取れない。ここで芦田はキムラロックの態勢に入るも、安藤は振りほどいてバックへ。

芦田はスクランブルを制し、いったん上を取るが、安藤は起き上がって芦田をケージに詰めてテイクダウン。芦田は三角を防がれると、オモプラッタへ。潰した安藤がトップをキープ。安藤は立ち上がり、芦田は蹴り上げを見せるがスタンドに戻ることができず、シングルへ。これは潰した安藤がバックを取る。残り30秒でバックマウントに入った安藤がパンチを連打する。芦田が胸を合わせると、安藤も呼応し同体で立ち上がる。最後の力を振りしぼるように芦田がヒザを蹴り込んだところで、大激闘が終了した。ジャッジは3者とも29-28でモンスタールーキー安藤に凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie