この星の格闘技を追いかける

【Road to UFC2024Ep04】シュアイは倒すも抑え込めず。ヒジを振るったサホタがスプリットで準決勝進出

<Road to UFCフライ級準々決勝/5分3R>
キル・シン・サホタ(英国)
Def.2-1:29-28.29-28.27-30.
イン・シュアイ(中国)

シュアイが距離を詰めて左ジャブを突くと、シュアイが左インローを合わせた。大きな音が響くもローブローにはならない。右カーフを当てたシュアイが左フックを放つと、サホタは左足に引っかかりマットに手を着く。すぐに立ち上がったサホタがシュアイをケージに押し込む左腕を差し上げ、右に倒していく。耐えるシュアイの左足を踏んで削るサホタ。シュアイは右ヒザを差し込み、ウィザーから右腕を差し入れた。サホタが離れて打撃に。互いのパンチが顔面を捉えるなか、サホタが右ヒジを見せると、シュアイの右ストレートもクリーンヒットする。

シュアイはダブルレッグで飛び込み、大きくすくい上げてサホタに背中を着かせた。サホタは下からシュアイの脳天に右ヒジを突き刺す。右足で腰骨を蹴り、足を上げて来るサホタを潰したシュアイはボディロックでケージに押し込んでいく。サホタがケージに背中を着けて立ち上がった。シュアイが離れ際に右ヒジを打ち込む。サホタは跳びヒザからヒジを打ち込むも、シュアイの左フックがヒットした。

2R、サホタがジグザグに距離を詰めていく。シュアイは左右のパンチで応戦し、右カーフキックを当てる。シュアイが飛び込もうとしたところに、サホタの右好きニングバックキックがカウンターでヒットした。一瞬動きが止まったシュアイをケージに押し込むサホタ。しかしシュアイが右腕を差し上げ、体勢を入れ替えた。サホタに切り返されるも、シュアイはピースサインを見せる。左右に揺さぶったシュアイがボディロックでサホタに尻もちを着かせる。ケージ際の差し合いから、サホタが首相撲でヒザを突き上げる。再びケージ際の展開になると、シャイがダブルレッグに切り替えてグラウンドに持ち込んだ。すぐに立ち上がるサホタ。互いに首相撲からヒザを打ち込み、離れるとサホタが左右の縦ヒジを繰り出す。組みついたシュアイがドライブするも、サホタが切り返した。

最終回、シュアイが右ローを打ち込む。サホタの左ジャブを食らいながらダブルレッグで組み、尻もちを着かせた。立ち上がり、右オーバーフックを効かせながら、サホタがヒザを突き上げて離れる。サウスポーにスイッチしたシュアイの左ストレートがサホタの顔面をかすめた。サホタの左ミドルがヒット。一瞬効いたかに見えたが、シュアイは組みつく。ここはテイクダウンできずも、今度はニータップでグラウンドへ。しかしトップをキープすることはできない。サホタの右オーバーフックが強く、倒されてもすぐにケージ際へ。しかしシュアイも渾身のテイクダウンで、しっかりとサホタに背中を着かせた。サホタは下からヒジを突き刺す。ハーフガードのサホタに対し、シュアイは右手を枕にガッチリと抑え込む。ガードに戻したサホタにパンチを落とす。サホタが足を上げてくると立ち上がったシュアイ。サホタはスクランブルからテイクダウンし、試合終了のホーンを聞いた。

終了直後、シャイがバク転を連発する。ジャッジは完全に割れ、1人はシャオイにフルマークを付けたが、残り2人が29-28でサホタの勝ちとした。サホタが準決勝に進み、松井斗輝の計量オーバーで不戦勝となったルエル・パナレスと対戦する。


PR
PR

関連記事

Movie