この星の格闘技を追いかける

【2014WJJC】超ヘビーはホドウフォ、超々ヘビーはブシェシャ完勝

Buchecha

【写真】ウルトラヘビー級で優勝を決めたブシェシャ、ワールド最終試合=無差別級決勝で勢いをつけた(C)MMAPLANET

5月29日(木・現地時間)から1日(日・同)にかけて、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校のピラミッドにて開催されたワールド柔術チャンピオンシップ。黒帯階級別レポート最終回は中・超・超々ヘビー級3階級の決勝をまとめてお送りしたい。

予想通りの組み合わせとなった決勝戦。両者は前日の無差別級準決勝でも当たっており、その時はヴィエイラがファリアのガードを攻略してマウントからの手首固めで完勝している。

Rodlfo vs Faria 01<スーパーヘビー級決勝/10分1R>
ホドウフォ・ヴィエイラ(GFチーム)
Def. 8分07秒by 腕十字
ベウナウド・ファリア(アシアンシ)

ここ数年ヴィエイラの軍門に下り続けているファリアは、溢れんばかりの闘志をもってヴィエイラに迫り、飛び込んでのハーフガード。するとヴィエイラは即座に横に動いてパス。ファリアもすばやく反応し、両者は重量級とは思えないスピードで横回転した挙げ句にファリアのハーフガードで落ち着いた。そこからディープハーフを作ってのスイープや、裾を引き出して掴んでのシッティングを盛んに狙ってゆくファリアだが、ヴィエイラは盤石のベースでディフェンス。やがて低く胸を合わせて体重を預け、ニースライドパスを狙う十八番の体勢に。

Rodolfo vs Faria 02【写真】ホドウフォは、マウントからまるでタップへの口実を与えるかのごとく腕十字を仕掛け、ファリアを破った(C)MMAPLANET

そこから(おそらく世界一重いと思われる)プレッシャーをかけて、じっくりとファリアの上半身を殺したヴィエイラは、やがて膝を抜いてパスに成功する。次の瞬間ファリアは全力で腰をバンプしてハーフに戻そうとするも、ヴィエイラは動かない。ポイントは10-0となり、ファリアの両脇を差した上でマウントを取ったヴィエイラが、一分の隙もないようなタイトで重い仕掛けからの腕十字を極めた。立ち上がって歓喜の涙を見せるヴィエイラ。

Rodolfo vs Faria 03【写真】敗者に声を懸けるホドウフォ、彼にはまだ無差別級決勝という最も重要な試合が残されていた(C)MMAPLANET

全身全霊を込めて戦ったにもかかわらず、またしてもヴィエイラに及ばなかったファリアはうつ伏せになったまま頭を抱えて号泣。ヴィエイラが歩み寄って、泣いているライバルの後頭部に手を置いて撫でると、顔を埋めるようにして何やら囁き慰めていた。どれだけ努力しても強大すぎるライバルに及ばないという失望と挫折。ブシェシャの軍門に下り続けているヴィエイラほど、ファリアの気持ちを知る者はいないだろう。そしてこの後無差別級決勝にて、ヴィエリアはまさにここでファリアが味わった挫折をまたしても味わうこととなる。

Super Heavy Podium【スーパーヘビー級】
優勝 ホドウフォ・ヴィエイラ(GFチーム)
準優勝 ベウナウド・ファリア(アリアンシ)
3位 レオナルド・ノゲイラ(アリアンシ)
    ユーリ・シモエス(ブラザCTA)

ウルトラヘビー級の決勝戦も、また大方の予想通りの顔合わせとなった。

Buchecha vs Trans 01<ウルトラヘビー級決勝/10分1R>
マーカス・アルメイダ(チェッキマット)
Def.6分07秒by 送り襟絞め
アレキサンダー・トランス(チェッキマット)

【写真】とランスが開始早々にパスガードを決めて、3Pを先取する。これだけでも大健闘か(C)MMAPLANET

開始早々豪快な引き込みを見せたブシェシャに対して、トランスはウィルソン・ヘイスが得意とするような脇を差して低く体重を預けるパスの形を作り、ハーフで胸を合わせてゆく。そしてブシェシャが絡んでいる右足を解いて動かした隙にトランスは左足を大きく動かしてパスに成功。なんとトランスが3-0で先制した。すぐさまブシェシャがガードに戻すと、またしても上体を下げてヘイス・パスを仕掛けるトランス。トランスがブシェシャの足を掴んで引き下ろそうとしたところで、素早く三角絞めに移行する。

Buchecha vs Trans 02【写真】ヒザ十字から起き上がってトップを奪取、ブシェシャは軽量級のような動きができる(C)MMAPLANET

これを凌ごうとトランスが上体を上げると、ブシェシャはすかさず巨体を旋回して得意の膝十字狙いに。そのまま後転して上を取ると、雪崩の如き勢いで横に動いてパスへ。嫌がったトランスからあっという間にバックを奪い、スイープ&バックで6P獲得して逆転してみせた。そして、じっくりとギを使ったチョークを狙ったブシェシャは、必死でアゴを引いて守るトランスから送り襟締めでタップを奪った。

たとえ先制点を奪われて下になっても、下からの爆発的な動きであっという間に逆転してみせたところに、現在地球上最強の競技柔術家、ブシェシャの真骨頂を見ることができた。

Ultra Heavy Podium【ウルトラヘビー級】
優勝   マーカス・アルメイダ(チェッキマット)
準優勝 アレキサンダー・トランス(チェッキマット)
3位   ヒカルド・エヴァンゲリスタ(GFチーム)
チアゴ・マルケス(GFチーム)

今回の世界大会で唯一、決勝戦が行われなかったのが、ミディアムヘビー級だ。この階級では、前日の無差別級で大活躍したキーナン・コーネリアスが、なんと外掛けの裁定により反則負け、早々にトーナメントから姿を消すという大波乱が。そこで他の優勝候補二人、ホムロ・バハルとブラウリオ・エスティマのグレイシーバッハコンビが決勝に進出し、戦わずして二人で優勝を分け合った(正式にはバハルが譲ってエスティマが優勝)。

Mid Heavy Final<ミディアムヘビー級決勝/10分1R>
ブラウリオ・エスティマ(グレイシー・バッハ)
No fight
ホムロ・バハル(グレイシー・バッハ)

特に今回のバハルの充実ぶりは目を見張るものがあり、準決勝ではガード巧者のアブマー・バルボーザからニースライドで完全なパスを奪い。上四方に回り込んで顔に座り込む体勢からキムラロックを極めて圧勝して見せた。それにしてもコーネリアスの早期敗退が残念だったこの階級。来年、コーネリアスはどんな新技術を披露するのか、ヴェテラン二人はそれにどう対応するのか、今から楽しみだ。

Mid Heavy Podium【ミディアムヘビー級】
優勝  ブラウリオ・エスティマ(グレイシー・バッハ)
準優勝 ホムロ・ハバル(グレイシー・バッハ)
3位   グスタヴォ・カンポス(アトス)
      ムリーロ・サンタナ(バルボーザ)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie