この星の格闘技を追いかける

【EXFIGHT02】負傷判定決着も--組んだが削れない藤波をエフェヴィガヤニック雄志がMMAで上回る

【写真】ローブローによる負傷判定決着となったが、相手の組みをかわして打撃を当てたエフェヴィガヤニックが勝利した(C)MMAPLANET

<ウェルター級/5分2R>
エフェヴィガヤニック雄志(日本)
Def.負傷判定3-0:20-19.20-19.20-19.
藤波勇飛(日本)
※2R0分12秒までの採点

エフェヴィガヤニックが左ジャブから右ロー。藤波が右ローを返したところに、エフェヴィガヤニックは左ジャブを当てる。藤波がダブルレッグを仕掛けるも、エフェヴィガヤニックはスプロールしてワンツーから左フックにつなげる。藤波は右ローから組み付いていくが、エフェヴィガヤニックは右腕を差し上げてディフェンス。判定に藤波をケージに押し込み、左ヒザをボディに突き刺した。そして細かいパンチを当てながら、ケージから離れる。

エフェヴィガヤニックの左ジャブが藤波の顔面を捉える。藤波は左フックから組み付き、ケージ際で左足へのシングルレッグを仕掛けるが、エフェヴィガヤニックは倒れない。エフェヴィガヤニックがパンチを出したところで足を払い、尻もちをつかせた藤井。すぐに立ち上がるエフェヴィガヤニックのバックに回るながら、切り返してテイクダウンを奪う。

左腕をエフェヴィガヤニックの首に回してバックを狙う藤波。正対したエフェヴィガヤニックをサイドから抑え込む。パンチで削ることがないのは、やはりエフェヴィガヤニックのスタンドの圧力が強く、立たせないことを最優先にしているのか。エフェヴィガヤニックは立ち上がり、ケージに押し込まれながら右のオーバーフックで倒れない。藤波は狙いを左足に切り替え、一瞬エフェヴィガヤニックに手を着かせるが、立ち上がったエフェヴィガヤニックがスプロールしながら鉄槌を落とす。ラスト30秒は、藤波がエフェヴィガヤニックの右足を抱えて押し込んだ。


最終回、サウスポーに構えるエフェヴィガヤニックは、組み付いてくる藤波にパンチを合わせる。構わず組んでくる藤波の下腹部をエフェヴィガヤニックの左ヒザ蹴りが捉え、試合は一時中断される。

藤波は立ち上がることができず、ここで試合終了。ローブローが起こった2R0分12秒時点までの負傷判定に。
裁定はジャッジ3者とも20-19でエフェヴィガヤニックの勝利を支持した。


PR
PR

関連記事

Movie