この星の格闘技を追いかける

【Pancrase299】距離・打撃・テイクダウンのシーソーゲーム。ACB帰りの中島が田村に競り勝つ

<フェザー級/5分3R>
中島太一(日本)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
田村一聖(日本)

中間距離から田村が右ストレート、右ローを当てる。中島も右ローを変えすが、ヒットせず。足払いに近い田村の右ローが当たる。田村の右ストレート、右ローをもらった中島がシングルを狙うが、これをカットした田村がバックに回る。田村は中島をケージに押し込みながら、パンチを当てていく。しかし中島も体勢を入れ替え、田村をケージに押し返す。首相撲からのヒザを中島の顔面に突き刺した田村、さらに顔面へ右ショートをヒットさせる。しかし、組み付いた中島がテイクダウンに成功しサイドを奪った。1Rはジャッジ3者とも10-9で田村を支持した。

2R、中島の右ローをかわした田村が、右ローから右ストレートを当てる。すかさず組み付き、相手をケージに押し込んでいく中島。田村も首相撲でコントロールし返す。ケージ際で展開がないため、ここでレフェリーがブレイクを命じる。再開後、中島が左ジャブ、ロー、前蹴りで距離を測る。そこで田村が飛び込み、左フックをヒットさせると、またも中島はすぐ組み付きケージ際へ。ブレイク後、中島がシングルレッグ、カットするも田村はケージに押し込まれる。ここで中島はシングルで田村に尻もちを着かせかけたところで2Rが終了した。2Rはジャッジ3者とも10-9で中島を支持。採点はイーブンに。

最終ラウンド開始早々、テイクダウンを狙う中島。田村はパンチを打ち込み、中島の動きを止め、さらにダブルレッグからケージ際へ。レフェリーのブレイクのタイミングが早くなる。離れた両者は探り合い、田村が右ストレート、左ジャブを繰り出すと、中島は距離を詰めてテイクダウンを狙う展開に。左ジャブを突いていく中島。ここで田村が組み付き、テイクダウンを狙うも中島がカット。そのまま中島が田村をケージに詰める。シングルを狙い続ける中島。田村が体勢を入れ替えるも、中島が踏ん張り、さらにテイクダウンに成功。そのままトップをキープ、パウンドを落とし続けて試合終了のブザーを聞いた。

判定は、最終ラウンドを抑えた中島の勝利。ロシアACBでの5試合(2勝3敗)を経て、国内に復帰した中島がランキング2位の田村を下したことで、再びパンクラス王座戦線に躍り出るか。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY