この星の格闘技を追いかける

【UFN135】左ミドル被弾し続けたサンチェスが、ペレスに判定勝ち

<ミドル級/5分3R>
アンドリュー・サンチェス(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
マルク・ペレス(ブラジル)

サウスポー、ワイドスタンスのペレスが左ミドルを蹴っていく。サンチェスは左ジャブを伸ばし、右ストレートへ。ペレスは左ミドルを続け、右二段蹴りを繰り出す。サンチェスは右ローを返し、距離を詰めると組んでケージにペレスを押し込む。バックに回ったサンチェスだが、ペレスが胸を合わせて逆にダブルを狙う。防いで押し返したサンチェスの大内刈り狙いをアームロックでペレスが切り返す。

離れたサンチェスに左ミドルを入れ、スピニングバックエルボーを狙ったパレスだが動きが丸見えで組み付かれる。離れたサンチェスがショートボディ、ペレスの後ろ回し蹴りに組みついたところで初回が終わった。

2R、蹴りでなくジャブから左ストレートを狙うようになったペレスだが、右を被弾して左ミドルを入れ左ストレートを当てる。鋭い左ミドルを2発入れたペレスが左ハイへ。サンチェスは腹を効かされたか。ペレスはミドルのフェイクに反応するサンチェスに左フックをヒットさせ、左ミドルへ。パンチを振るって組んだサンチェスだが、すぐに押し返されて左エルボーを被弾する。

右を当てて前に出たサンチェスは離れて左フックを振るう。ボディを返したペレスは左ミドル、サンチェスはワンツーを打ち返してケージに押し込んでいく。このままクリンチの攻防が続くと、残り5秒でペレスはなぜか引き込みを選択した。

最終回、ボディに右を入れるサンチェス。前に出て右を当てるが、ペレスが右フックを返す。さらにワンツーを繰り出し、ジャブを当て右を打ち込むペレスは続いて左を振るって前に出て、スピニングバックエルボー、左フックとラッシュを掛ける。サンチェスもワンツーで距離を詰めクリンチへ。離れると、サンチェスがボディも交えて細かい連打をペレスに当ててイク。組んでバックに回ったサンチェスだが、テイクダウンに拘らず押し込みを選択する。

ケージを背にして細かいパンチを被弾するペレスだが、残り1分を切ってレフェリーがブレイクを命じる。結局、ここでも左ミドルを当てたペレスだが、サンチェスが右オーバーハンドを当てる。最後の10秒でペレスは左ミドルを決めたタイムアップを迎えた。

結果、ジャッジ3者とも29-28でサンチェスが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY